慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

コラム・虎風草「今日は6割」

4/15 ○10-1YB(甲子園)


昨日のエントリからして、今日は3回から観戦していたと思われそうな試合展開でしたが。

すみません、実は1回裏から観てました。

ただし、すでに4点取った後でしたが。

出先から帰宅してテレビをつけたら、バッター・赤松。
で、直後のボールをセンターへ犠牲フライ。
いきなり得点シーンでした。

その後もトリ、セキに連続タイムリーが飛び出し、さらにアニキが2発。
終わってみれば、今季初の2ケタ10点のうち、6点が入るシーンを観れたというわけ。
ああ、よかった。

とはいえ、3回からはチグハグな攻撃で、7回までゼロ行進。
いきなり大量得点の試合は、えてしてこんなものとはいえ、
こりゃあやっぱりオレのせいかと考え込んじゃったじゃないかよ阪神打線←八つ当たり

それだけに、8回の金本の2本目は大きな意味があると。
ま、できれば誰か他の人が打ってくれる方が、チーム的にはよかったとは思うけど、
それは贅沢というものかな?

それにしても金本は、やっぱりすごい。
あの打球の速さ、迫力。
そして笑いをとりにいくヒーローインタビュー。
小嶋の好投の要因を聞かれ「なんで打てないんでしょうねえ」って(笑)。
トリまでつられて「(なぜ打てないのか)分かりません」って言っちゃった。
こんなグダグダなヒーローインタビュー、初めて聞いたよ。
けど、おもろかったからオッケー。

まあ、そう言われても仕方ないくらい、今日の小嶋はよくなかった。
コントロールにかなり苦しんでたねえ。
でも、それで1点に抑えたんだから大したもの。
不調の時にどれだけ踏ん張れるかが、プロの仕事ってやつですな。

というわけで、私も観戦時得点率が不調ですが、
できるだけ踏ん張りたいと思います。
いや、踏ん張るのは阪神打線ですけど。
てか、観戦のプロなのかよオレ。
[PR]
by hibinag | 2007-04-15 19:13 | 04-1.野球