慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

待ってろエリザベス!

Wii Sportsのボウリングで、全フレマークしてハイスコア207が出ました。



…もう、リアルのボウリング場には行けないッス(涙)。




【ご参照】
「うぃ~っ!」(08年1月7日)
[PR]
by hibinag | 2008-01-27 12:37 | 01.日常雑記

アスペクトな問題

大河ドラマ「篤姫」の再放送を録画した。
と言っても、先週日曜日の放送を見逃したわけではない。
予約録画もちゃんとした。
だから、リアルタイムでは別の番組を見て、後で録画したものを見た。

実は昨年、漸くHDD/DVDレコーダーを購入した。
すでに世の中はブルーレイ時代になりつつあるので、
何だか周回遅れな感じもするが、そこはまあ、大して気にしていない。

で、予約録画は当然デジタル放送の番組表を活用しているわけだが、
日曜日に録画した「篤姫」の映像がヘンだったのだ。

我が家のリビングのテレビは、まだ4:3の分厚いブラウン管なので、
デジタル放送は上下に黒い帯が付いた状態で見ているが、
近い将来、16:9の薄型テレビに買い替えざるを得なくなるから、それはいい。

ところが、件の「篤姫」の映像は、なぜか4:3で録画されてしまっていた。
おかげで、縦方向に長く拡大された、けったいな映像になってしまった。
リモコンでいろいろ操作してみたが、アスペクト比を変えることはできなかった。

いろいろ調べてみたが、なぜこうなったのか、さっぱり分からない。
何か設定を変えたとか、そういう覚えは全くないにもかかわらずだ。
現象としては、放送中の番組を録画した場合は起こらず、
番組表から予約すると、他の番組でも起こった。

結局、ダメ元でレコーダーの画面表示の設定をやり直したら、元に戻った。
いや、正確には、それが理由だったのかどうかは分からない。
我が家のレコーダーのせいなのか?
それとも、デジタル放送ではしばしばあることなのか?
ナゾがナゾ呼ぶ映像事件である。ふにふに。
[PR]
by hibinag | 2008-01-26 20:20 | 01.日常雑記

これも一種の

オレオレ詐欺ですかね?

■イケメン写メにだまされ…貢いだ横領女、ヒゲ面に愕然(夕刊フジ)
出会い系サイトで知り合った「交際相手」の男に勤務先の金を盗んで送金した30女と、
貢がせた32歳の無職男が逮捕された、っちゅー話だが、これがまあ、奇妙キテレツ大百科。

記事によると、2人は約5年間の交際中、1度も会ったことがなかったらしい。
って、だーかーらぁ、そういうのは「交際」とは言わんだろ。
少なくとも恋愛を前提とした男女間では。

にもかかわらず、女は嫌われたくない一心で、1億3000万円以上も貢ぎ続けたそうな。
すごいよねえ。
1度も会ったことのない相手に金を渡すのは言うに及ばず、
嫌われたくないほどに思い入れられるってのが信じられない。
そのために犯罪に手を染めるぐらいだから、入れ込み方が尋常じゃない。

世の中には、いろんな詐欺行為があって、
そういうニュースを見るたびに、何でこんなのに引っ掛かるんだ? そんなに巧妙なのか?
って思ったりするわけだけど、こういう人は簡単に騙されちゃうのかもなあ。
てか、リアル社会の人間関係が余程さみしいのかと勘繰ってしまいたくなるのだが。

あと、記事の最後に

法廷で初めて男の顔を見た女は、ジャニーズ系とはかけ離れたヒゲ面の中年おやじに愕然。
何度も「会いたい」と要求したにもかかわらず、理由をつけては会うのを避けられていたことを、
裁判官に訴えたという。


ってあるんだけど、そんなこと訴えられても裁判官も困るわなあ(笑)。


女の「純真」を弄んだ男は言語道断だが、
本人確認もしていない「相手」に入れあげ、罪を犯す女も常軌を逸している。
「人間関係の構築」という人としての基本スペックが欠如している、
あるいは「人間関係とは何か」という基本概念が抜け落ちている
人間が増えたと感じるのは、たぶん気のせいだと思えたらいいのだけれど。
[PR]
by hibinag | 2008-01-25 19:00 | 02.一般ニュース
■江原啓之の「霊視」に矛盾 霊視した父はご存命だった(アメーバニュース)
私はたぶん、疑り深い性分だと思う。
なので、占いとか霊視とかいうものはにわかに信じることができないし、
そういうものをエンターテインメントとして楽しめる気質も持ち合わせていないので、
その手のものを扱ったモノたちに対して、あまり触れたいとは思わない。
まして、適切に表現できているかどうか分からないが、科学的に、あるいは論理的に
根拠を示したり証明したりできないことを金儲けの原資にすることには違和感を覚える。

私は、エハラさんの番組は見たことがないが、妻はたまに見ているようで、
先日も陣内智則が出演した際の話を聞かせてくれたりした。
もう忘れちゃったけど(笑)。
まあ、妻はある種のエンターテインメントとして楽しんでいるわけで、
自分の妻だから言うわけではないが、それ自体は決して悪いとは思わない。

ただ、話を聞く限りにおいて、私はそこに「芸がある」とは思えない。
だから、上のような理由と相まって、私には見る価値を見出すことができない。
仮に見たとしても、おそらく「いい加減なことを言っている」と感じて、
批判的なテンションが上昇して気分が悪くなるのは目に見えている。
だから、見ない。
その方が自分の身のためだからだ。

今回の記事によって、私は溜飲を下げたわけではない。
単に「ほら、やっぱりウソついとるやんか」という感じでもない。
エンターテインメントとして、この番組の場合は「泣かせる」ことがコンセプトのようだが、
その目的を達成するためなら、脚色ぐらいあっても全然構わないと思う。

ただ、しつこいようだが、それはエンターテインメントだから許されるのであって、
その結果として、他人に生き方や考え方を押し付けたり、改名を強要したり、
挙句の果てには「言うとおりにしないと地獄へ堕ちるよ」などと言うのは、
世間でよく問題になる怪しい宗教団体の活動みたいな感じがすげえするわけで。

え? それはエハラさんじゃないって?
ええ、分かってますよ。
でも、私に言わせれば同じアナのナントカで、だからわざと混同してるんです。

それはともかくこの記事の件、端的に言うなら、
「他人のことをとやかく言う前に、自分の守護霊に祈っておくべきだったね」
ってことかな。
でないと地獄へ以下略。

う~む、「オチ」としては最悪だな(笑)。
[PR]
by hibinag | 2008-01-24 23:32 | 08.メディアネタ

テレビはバクマツだ!

などと書いて、今や元ネタがどれほど周知されているのかとか思うわけだが。

去年の今頃も書いたような気がするが、この時期は比較的ドラマを見る。
今年は2年ぶりに大河を見ている。
徳川13代将軍・家定の正室である天璋院の生涯を描く「篤姫」だ。

何のことはない、このところ幕末モノに興味を惹かれる体質なので、
とりあえず1回目を見てみたら、割と面白いかもと思ったので、2回目も見た。
どこかで見切る可能性もないではないが、当面は見るだろう。

昨日はNHK木曜時代劇「鞍馬天狗」を見た。
実は今まで、この有名な映像作品は一度も見たことがないが、
これも幕末モノということで、見てみることにした。
桂小五郎や新選組など、歴史上の人物も出てはくるが、
基本的に創作物なので、ある種、荒唐無稽な部分もあるのだろうなと思いつつ、
昨日の第1回を見てみると、やっぱりそんな雰囲気も漂っていたわけだが、
後学のために見ておくのも悪くはないかという気分だったりする。

まあ、そんなわけで、今年は年初から録画がNHKに偏っている我が家だったり。

【今日の蛇足】
幕末モノではないが、明日から始まる土曜ドラマ「フルスイング」も録画予約している。
以前からよく読んでいるブログに取り上げられていたこのドラマ、
ずっと覚えていたわけではないが、番宣を見て思い出した。

てか、これもまたNHKやし。
大河がらみもあり、「その時 歴史が動いた」もよく録画するし、
正月にやっていた「プロフェッショナル」のイチローの続編(22日放送)も見なきゃだし、
何だかあまりにもNHK三昧だなあ。別にいいけど。
[PR]
by hibinag | 2008-01-18 12:40 | 06.映画・ドラマ・アニメ

ヤッターマン

何のひねりもないタイトルも、たまにゃあよかろう(笑)。

てことで、30年ぶりに復活したアニメ「ヤッターマン」の第1回の放送を見たわけです。

これ、位置づけとしては、リニューアル版てことでいいんだよね?
キャラクターは同じで、時代設定が2008年になっているということで。

30年前の旧作をリアルタイムで見ていた人間としては、
ドロンボー一味の3人とドクロベエの声が当時と同じなのはよかったけど、
ほかはみんな声が違っていて、かなり違和感があった。
中でも、おだてブタの「ブタもおだてりゃ木に登る」の声が…。
う~む、音ってやっぱり大事だなあ。

絵も当時より少しシャープな感じ(劇画タッチ?)になってたけど、
これはまあ、今風のアレンジというのか、特に思うことはなかったんだけど。

【それはそうと】
かねてより話題の実写版映画のドロンジョ役が、深田恭子に決まったらしい。
う~む…。
[PR]
by hibinag | 2008-01-15 00:08 | 06.映画・ドラマ・アニメ

遅ればせながら

e0061584_23214263.jpg
昨日、初詣に行ってきました。
場所は門戸厄神。

夕方近かったんで、もう人気もなくて寂しい風景を想像してたんだけど、
なんのなんの、エライ人でした。
厄除のために来てた人が多かったみたい。
すごい行列ができてました。

寒かったんで、おみくじも引かず、
お参りだけして、とっとと帰りました。
まあ、寒くなくても、おみくじは引かないんだけど。
ああ、やっぱり正月らしい習わしが(泣)。
[PR]
by hibinag | 2008-01-14 23:21 | 01.日常雑記

年が明けても

ヤな事件が起こったなあ、今年も早々から。

■夜の松山の繁華街で女性刺殺 中年男が出頭
こっちの記事によると、容疑者は

「今日は脅してでも彼女にしたいと思い、交際を申し込んだのに断られたので刺した」

と供述しているらしい。

って、「脅してでも」って時点ですでにおかしいだろ。
それ、恋愛のプロセスとして成立してないから。
何言ってんだかなあ、49歳にもなって。
いや、49歳でこの感覚だから、こういうことやらかしちゃうんだろうけど。
何にせよ、まともな恋愛をしてきてない、というか人間関係を築いてこなかったんだろうな。

去年の年末に佐世保で起こったトレーニングジムの射殺事件もそうだけど、
人としてあまりにイタすぎるヤツの激しい思い込みによって人の命が奪われる社会は怖いよ。
銃関係だけじゃなく、刃物も許可制にした方がいいんじゃない?
日常的に、そうそう買うものでもないから、そう不便にもならんだろ。
まあ、それだけで解決する問題じゃないってのは分かるけど。

ともかく、こういう事件はウンザリする。
この手の人間を生み出す責任は、いったい誰が負うべきなのか。
それを社会全体で、もっと真剣に考えなきゃいけないんじゃないかな。
もう、こんなことで人が命を落とすなんて、あってほしくないね。
[PR]
by hibinag | 2008-01-13 13:34 | 02.一般ニュース

P問題

■松下電器、パナソニックに社名変更 世界的ブランド力強化(ビジネスアイ)

このニュースを知った時、最初に思ったことが

♪あっかる~いナッショナ~ル の「ナショナル劇場」はどうなるんだ?

だった私は社会人として正しかったんだかどうだか。

いや別に水戸黄門ファンというわけではないですけれども。
うちの息子は「刑事どん亀」がお気に入りでしたけれども(笑)。

と思ってウィキペディア見にいったら、もう記述があった。
(リンクがうまくいかないので「ナショナル劇場」で検索してください)
相変わらず早えなウィキペディア。結論がないとはいえ。
[PR]
by hibinag | 2008-01-11 08:57 | 02.一般ニュース

正月らしいこと

年が明けて、もう10日になるというのに、まだ初詣に行っていない。
てか、今頃からじゃ、すでに「初詣」と呼べる時期は過ぎてるのかしらん?
その年最初のお参り、という意味なら、いつでもオッケーということだろうけど、
何にせよ、年の初めにそーゆーことはきちんとするのが日本人だとすれば、
私らはいったいどこの国の人なのだとかいうことになるのであって。

考えてみれば、そもそも我が家は、いわゆる正月なことをあまり重視していない。
いや、決して軽んじているつもりもないのだけれど、
結果としてそういうことになってしまっている。

例えば、おせち料理は作らない。
理由は単純で、妻があまり好きじゃないから。
で、私も特にこだわらないから。
それに結局、いつも妻の実家からのお裾分けがあるし、
私の実家へ行っても、やっぱりおせちはあるし、十分なのだ。

雑煮は一応、食べる。
が、元旦と、せいぜい2日の朝までぐらい。
まあ、これも実家へ行けば以下略。

正月用の丸い木箸、いわゆる祝い箸は一応使う。
が、箸紙に名前は書かない。
てか、2日目以降、箸紙自体を目にしない。

鏡餅は飾らない。
そもそも飾るに相応しい場所が、我が家にはない。
人間が生活するスペースで手一杯なのだ。
餅に譲る空間など皆無に等しいと言っても過言ではないのだ!(時効警察風)

今年などは、大晦日に旅行に行っていたせいもあり、
サンへのお年玉の用意も忘れていた(笑)。
年内は旅行のことで頭がいっぱいで、そんなことは思い出しもしなかった。
元旦の昼頃になり、ふと「そう言えばお年玉は?」ということになり、
急遽、引き出しの奥にしまい込まれていたポチ袋を取り出し、
100円玉5枚と500円玉1枚を入れて渡してやった。

忘れていたといえば、玄関の注連縄も今年は飾っていない。
元旦に思い出したが、出すのが面倒で、思い出さなかったことにした。
いいのか。

まあ、そんなこんなで、風情のなさを披瀝しても仕方ないのだが、
暮れに境港の妖怪神社で早めの初詣をしたという結論ではダメか?
妖怪だけに、年をまたいでも効力はあるのだ、とかいうことにして。



え~っと、今度の3連休には、どこかへお参りに行こうと思います。
でも、天気が悪そうなんだよなあ…←罰当たり王子
[PR]
by hibinag | 2008-01-10 00:15 | 01.日常雑記