慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

e0061584_1431466.jpg

大阪・長居は市立自然史博物館で開催中の「世界最大の翼竜展」に行ってきた。

e0061584_1441132.jpg日曜の朝に放映中の「恐竜キング」というアニメの影響か、子供たちの間では恐竜が結構人気で、サンも毎週見ている。この展覧会でも、そのアニメがタイアップしていて、展示を見ながらクイズに答えていくと、ゲームで使えるカードがもらえる。

そんなわけで、ヘッドホンをし、クイズが出題される携帯端末を見ながら会場を回る子供たちで溢れかえっていたりしたのだけれど、あれできちんと展示を見れてるのか、ちょっと疑問だったりする。
まあ、楽しけりゃ別にいいけど。
e0061584_1443361.jpg


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

さて、博物館のために正午前に家を出た我々は、昼食を取りそびれていた。
3時頃、腹が減ったなあってことで、梅田まで戻ってナムコの「浪花餃子スタジアム」へ。
e0061584_145039.jpg

できてもう何年かになると思うが、今日が初見参。
屋台然とした餃子の店が9つあり、フードコート形式でいろいろ食べられる。
e0061584_145143.jpg


e0061584_1565688.jpg

e0061584_1594948.jpgで、私とサンが気に入ったのが「包王」の「牛とん包」。
大粒の餃子が3個で450円(写真はチャーハンとのセット880円)。
噛むとジュワッと近江牛の肉汁が出てきて、しっかりと牛肉の味がする。
何でも、いろんなところでNo.1に選ばれたらしく、
店の横にポスターが貼られていたが、すっげー納得。
これ、おすすめ。

というわけで、腹を満たした後、スタジアムの下のゲームコーナーで、
サンは「恐竜キング」のゲームを楽しんだということで、
うまくつながった1日だった。
[PR]
by hibinag | 2007-10-28 23:43 | 01.日常雑記

食う寝る太る

今問題になってる、守屋前防衛次官が山田洋行の元専務からアホほど
接待ゴルフを受けてたって話で、その元専務がグループ会社の関係者から
「相手に迷惑がかかる」と苦言を呈されていたにもかかわらず、
「問題ない」とはねつけてゴルフ接待を続けていた、とかいう記事を読んで、
それって、その元専務が単にゴルフやりたかっただけなんちゃうん?
とか思っちゃった南出ですって前振り長すぎ。

野球が終わって…ってまだ終わってなかったか(笑)。
いやあ、楽しみですねえワールドシリーズ
松井 vs 松坂の元ライオンズ対決。楽しみやなあ。

え? 日本シリーズ? 何それ?←マジであんまり興味が沸かないらしい


それはさておき、今日見つけた記事。

■メガ盛り:“脱メタボ”の反動? ファストフードやコンビニ弁当、次々発売(毎日新聞)
ファストフードやコンビニエンスストア各社が、ボリューム重視の“メガ盛り”商品を
次々発売している。中年層の脱・メタボリック(内臓脂肪)の反動や、若者を中心とす
る「大食い」ブームを反映しているとみられ、幅広い世代の男性の人気を集めている。



この記事、冒頭に「時代はメガ盛り」とあって、無駄に力強い(笑)。
リンク先の写真は「すき家」の「メガ牛丼」680円で、何と牛肉が並盛りの3杯分。
1286kcalもあって、ジョギング2時間の運動量に相当するらしいが、
「特盛り以上に注文がある」のだとか。

10年前なら無条件に飛びついたかもしれないが、さすがに今は躊躇するかなあ。
でも、注文してみる心理は分かる。
もちろん、空腹を満たすというのが主たる目的ではあるのだろうけど、
それとともに頭をもたげるのは、いわゆるひとつのチャレンジ精神。
食えるかどうか試したい、食ったらどうなるのか体験したい、
で、いかにエライことになるかを言いふらしたい、みたいな心理かな、と。
学生の頃、札幌で挑戦した(させられた?)バケツチャーハンと同じだ。

それはさておき、そういう意味では今も心惹かれるものがあるが(笑)、
さすがにもう、自信を持って食い切れるとは言えないし、
食ったら食ったで、昔とは違う意味でエライことになるのが目に見えている。
ウエストのサイズがせっかく以前よりダウンして、
それに合わせてズボンを買ったのに、また入らなくなったらシャレにならん。
まあ、メガマックが関の山ですわ。

ちなみに、「中年層の脱・メタボリック(内臓脂肪)の反動」とあるが、
たぶん、これを注文する中年の人たちって、「反動」じゃなくて、
もともとメタボに縁のない人か、もともと「脱」する気のない人かどっちかのような気が(笑)。


むぅ…、行こかなあ「すき家」←食う気やん
[PR]
by hibinag | 2007-10-24 13:01 | 02.一般ニュース

電波な人々

■朝青龍に引退勧告も…謹慎中に細木数子さんと番組共演(スポーツ報知)

「またやったのかよ T B S !

これが最初の感想。
亀田問題どころか、オウム報道の時から少しも懲りてないな、この局は。

朝青龍?
今さら語ることもない。
たぶんイヤになったんだろう。
相撲界が。ひいては日本が。
どうぞどうぞ、とっととお引取りください。

話を戻すと、TBSは「取材許可は得た」と言ってるらしいが、いったい誰から許されたのか。
仮に朝青龍が許可したとしても、それでOKとするバカさ加減。
だから、想像力が足りんと言っているのだ。

こういう事態にブレーキをかけられる「大人」が、本当にいないんだな。
細木数子も、他人の人生のことをとやかく言う前に、
人としての自分というものを、ちょっとは顧みたらどうか。
言うだけ無駄か、あんな厚顔無恥な番組やってる輩には。

あ~あ。
[PR]
by hibinag | 2007-10-22 12:42 | 08.メディアネタ

情けないヤツら

■女性に集団暴行 送りオオカミの少年ら3人逮捕(産経新聞)

 コンビニエンスストアで声をかけた女性の部屋にあがり込んで乱暴したとして、
 警視庁捜査1課は、集団強姦の疑いで、いずれも防水工で埼玉県に住む、犯行時
 19歳の少年2人と篠原大地容疑者(20)ら男3人を逮捕した。少年のうち1人は
 「手を握ったが押さえつけていない」などと容疑を一部否認している。


最近、この手の事件でこういう言い訳するヤツ多いんやなあ。
手を握ろうが押さえつけようが、上がり込んだ時点でアウトだろうが。
つーかやね…

 調べでは、3人は9月30日午後10時すぎ、東京都足立区のコンビニで買い物をして
 いた女性(25)に「送っていくよ」と声を掛け、車で自宅に送った。その際、アパ
 ートのカギを奪って部屋にあがり込み、
女性を押さえつけて集団で乱暴した疑い。


って、上がり込む前に犯罪成立なわけで、しかも見え見え状態。
問答無用って感じ。

まあ、これだけ読むと、車に乗った女も女な気もするが、
無理矢理という可能性もあるしなあ。

で、さらにカッコ悪いのがこれ↓

 少年2人は逃走したが、逃げ遅れた篠原容疑者は女性に捕まり、
 2人は再び女性宅に戻って乱暴したという。


逃げ遅れて反撃食らってやんの。
てか、この少年2人の方がタチ悪そうだな、どうも。

何にせよ、寄ってたかって情けねえな。
「送りオオカミ」なんて書かれてるけど、オオカミが可哀想だ。


■「ポテトの量少ない」読売新聞販売店員、マック店員に暴行(産経新聞)

ポテトの量が少なかったら、そりゃ面白くはないだろうけど、
そんなことで呼びつけて暴行すんなよ。

で、こいつも上のヤツらと似たような言い訳。

 調べに対し、「胸ぐらをつかんで暴力をふるったが、けがをさせていない。
 謝罪にきたのにおれを挑発して逃げたので、止めるためにやった」と容疑を
 否認している。


言ってること自体、訳が分からんが、
ケガさせようがさせまいが、暴力振るった時点でアウトやって。
分からんヤツやなあ、もう。

それはさておき、この記事、カテゴリーが「変な事件」。
まあ、そうだけどさ(笑)。
わざわざ「読売新聞販売店員」と書くあたり、産経の意地悪さもちょっと見えるぞ。

ったく、どいつもこいつも。
[PR]
by hibinag | 2007-10-19 17:52 | 02.一般ニュース

想像力がなさすぎる

■大毅 後悔…包丁見詰めていた(デイリースポーツ)

史郎氏によると、11日の試合後、自宅に戻った大毅は一言も発することなく
午前4時まで泣いていたという。

(中略)

大毅は現在も自室にこもったままで、家族とほとんど言葉を交わすことなく、
精神的に衰弱しているという。




ふぅむ、朝青龍と同じような展開だな。

何だろうねえ、これは。
やらかしてしまって、世間からバッシングされて、初めて事の重大さに気づいて、
不遜な態度から一転して憔悴しちゃうってか。

カッコわりぃな。

まあ、本人は所詮、社会の厳しさもろくに知らないお子ちゃまなわけで、
ちょっと調子に乗ったって感じで、それ以上でも以下でもないような気がする。
肩を持つ気は全くないけど、いわゆる若気の至りというやつで。

問題はやっぱり、周りの大人たちだよな。
大人たちの想像力がなさすぎ。

この場合の「大人たち」とは、オヤジやジムだけじゃない。
テレビ局をはじめとするマスコミ。
罰する側に回った競技団体。
彼らを「利用」してきた側の人間も当然含まれる。

こんなことしたらマズイことになるかも、みたいな感覚の欠如。
あるいは、起こりうるあらゆる事態に対する戦略のなさ。
理論武装もできないで図に乗っちゃう稚拙さ。
いろんな面で、幼い。

それがもう、至るところに散りばめられてるのが今の社会。
耐震偽装も捏造番組も賞味期限のごまかしも、根っこはみんな同じだ。

社会全体が、どんどん幼くなっていってる。
ほんとにカッコ悪い世の中だよ。
[PR]
by hibinag | 2007-10-17 12:26 | 02.一般ニュース

似て非なるもの

この記事の写真を見て、このビルのことを思い出した。

思い出したっつっても、リアルタイムで見てたわけじゃなく、後追い体験だけれども。

本当は自分でいろいろ書くべきなのかもしれんが、
面倒くさいので、詳細はこちらで。

まあ、趣旨も成り立ちも全然違うんで、
一緒にすると2007年の方が気を悪くするのかもしれんが。

と書いてて気づいた。
ちょうど40年なんやね。

う~む、ちょっと狙ってる?
2007年の方の仕掛け人は誰なんやろ?
ま、どーでもいーけど。
[PR]
by hibinag | 2007-10-16 23:19 | 05-1.Beatles

虎風草「THE END」

10/14(CS 1-St-2) ●3-5D(ナゴヤドーム)


連敗という結果は想定内だったんで、正直、あまりショックはない。
というか、やっぱり自分の中では盛り上がりがなかった。

何でかなあ?
例の「おまけ感」のせいなのかなあ?
シーズン終盤、阪神のチーム状態が落ちて、そのままCSになっちゃったからかなあ?
とにかく、「いよいよCSだ!」みたいなワクワク感は、ついに出てこなかった。
出てこないまま、終わってしまった。

しかも、2戦とも初回に結構な失点。
打線は機能せず、防戦一方。
今日の8回の反撃を、明日の新聞は「意地」と書くかもしれないが、
ああいうものを、むしろそんなふうに言ってほしくない。
意地を見せても、結局負けたのでは、意地という言葉が浮かばれない。
勝って初めて「意地」と呼べるのだ。と思う。

03年の日本シリーズ以降、ポストシーズンゲームのタイガースは、常に重い。
このまとわりつくような重苦しさは、やっぱり今回も払拭できないままだった。
今回の私の個人的なワクワク感の欠如は、そのあたりが原因だったのかもしれない。

果たして阪神は強いのか、弱いのか?
その答えを、このオフから来季にかけて、見せてもらおう。
なんてことをラジオの前で考えた、07年のラストゲームだった。
[PR]
by hibinag | 2007-10-14 23:29 | 04-1.野球

野球、始めました。

e0061584_2103528.jpg


サンが、少年野球チームの無料体験会に参加した。

対象は、幼稚園児から小学校低学年まで。
練習場所は近所のグラウンド。
しかも、チームを主宰するスポーツクラブには、
かつてサンが2~4歳ぐらいの時、サッカーでお世話になっていた。
だから、雰囲気もだいたい分かる。
そして、サンは野球をやりたがっている。

条件が揃い過ぎている。
そりゃ行かなきゃならんだろ、ってことで即参加決定。
つーか、本人より私の推しの方が強かったかもしれない(笑)。

行ってみると、やはり想像どおり、すごく望ましい雰囲気。
先生たちは若くて元気。
誰もが大きな声で挨拶してくれて、活気がある。

説明では、運営に関しては親に負担をかけないとか、
スポーツを通して集団におけるマナーや礼儀も学ばせるとか、
子供ができたことを褒めて、成功体験を通して自信をつけさせるとか、
そりゃあもう、親としては大歓迎な要素がてんこ盛り。
実際、今日の「練習」を見ても、かつての記憶をたどっても、それが嘘でないことが分かる。

本人もベースランニングやティーバッティング、フライキャッチが楽しかったらしく、
終わった後も、近くの公園で私との「自主練習」を望んだほど。
その場で入会金とスポーツ保険料を払い込みました。

というわけで、来週から野球少年生活が本格的にスタートする。
練習は平日なので、私は見ることができないが、
来週半ば、7歳になる息子が、もっと野球を好きになってくれたらいいな、と思っている。
[PR]
by hibinag | 2007-10-13 23:09 | 01.日常雑記

クロックス?

e0061584_1124374.jpg


今年の夏ぐらいからかなあ、よく目にするようになったのは。
チラチラと小耳の隅っこに挟まった情報だと、
日本ではどうやら3年ぐらい前から売られていたらしいのだけれど、
私は寡聞にして存じ上げず、この夏になって急に流行ったという印象。

ある日、道を歩いていたら、向こうから来る人が3人ぐらい、立て続けにこれを履いてて。

「なんで、みんな風呂掃除のサンダル履いて歩いてんの?

と思ったのが正直な第一印象。
だから、間違っても自分は履かないと思ってたんだけど…買っちゃいました(笑)。

とはいえ、これ履いてお出かけしようとは、やっぱり思えない。
目的は仕事場でのスリッパ代わり。
ほら、ビジネスシューズとかずっと履いてるとムレやすくなるでしょ?
別に水虫を飼ってるわけじゃないけど、正直、ニオイが気になるってのもあるし、
何より、足が疲れやすい。実際、足の健康のためにも良くないらしいし。

で、仕事場でも違和感のないスリッパかサンダルがないかなあと
靴屋さんを物色してたら、これが目についたんで、「これでいいや」と。
決して流行に乗せられたわけではないのです。キッパリ。
てか、とっくに乗り遅れてるだろオレ。
別に乗りたかないけど。

履き心地としては…まあ、悪くないな。
そりゃ、靴を履き続けてるよりは格段に楽。
そういう意味では、買い物としては正解だったかな、と。

ただ、実はこれ、正確にはクロックスではない。
ご承知のとおり、クロックスはメーカー名であり、
見た目が同じでも同社製以外は「クロックス」ではないはずなんだけど、
この手のサンダルは便宜上、あるいは戦略上(笑)、すべてクロックスと呼ばれている。
まあ、あれだ、ウォークマンとかホッチキスなんかと一緒ってことだ。
という認識でOKですか? って誰に確認してるんだよオレよ。

ともかく、私が買ったこれも、某有名シューズメーカーが出してるニセモノだ。
いや、ニセモノでは聞こえが悪いな。
もとい。
某有名シューズメーカーの「クロックスタイプのサンダル」です。
ワニのマークのロゴは入ってません。
もちろんラッパのマークも入ってません。
別に腹痛くないし。

え~っと、何が言いたかったんだっけ?

そうそう、これを「クロックス」というくくりで言うと「本物じゃない」ってことになるけど、
私は、これに関しては本物であるか否かはまるで気にしてないし、
それどころか、その某有名シューズメーカーの靴は好きで、結構愛用してたりするんで、
こいつを何と呼ぼうが、マイニーズに合致してさえすりゃ、全然おけーなのだ。
ちなみにマヨネーズも全然おけーだ。
似てるけど全然違うってことは、スルー・フロム・ライト・トゥ・レフトで。
[PR]
by hibinag | 2007-10-11 23:45 | 01.日常雑記

沸き立つ雲に、思わず

e0061584_19481290.jpg

♪ダダダッダッダーン!
 チャララララ~チャララララ~
 パラパッパッパララッ!

深く追求しないでください。
久しぶりの更新で道に迷っているだけですので。


e0061584_1949095.jpg

e0061584_19491777.jpgさて、なにはともあれ梅田である。デジカメとかケータイとかのアクセサリーを買いにヨドバシカメラに行ってきたのさ、である。ついでに冷蔵庫売り場でいろいろ見て、「ふ~ん」とか「へぇ~」とか言ってきた。というのは、最近、ちょっと調子が悪いみたいなので、いざという時に備えて勉強しようかなと。

いや、できれば、その「いざという時」はできるだけ先送りしたいのだが、来年の秋には我が家の家電製品たちも揃って10年選手となるわけで、今まで、そして今も実にいい働きをしてくれているとはいえ、そろそろ何か起こっても不思議ではない時期に差しかかってはいる、というわけで。そういうことは、あんまり考えたくはないのだけれども、ねぇ。




それはさておき、すべての用事が済んだ頃には、そろそろ夕食タイムということで、
このビルの8階にある「香港蒸籠」という中華バイキングに行ってきた。
妻とサンは前にも行ったことがあり、リーズナブルでおいしいと聞いていた。
私は今日が初見参だったのだが、妻の言うことに間違いはなかった。
実際、店の中にも外にも順番を待つ客が溢れていた。
なかなか「使える」店であり、次は友人でも誘ってみるか、と柄にもなく思ってみた。
e0061584_1949552.jpg

[PR]
by hibinag | 2007-10-08 19:51 | 01.日常雑記