慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー

<   2007年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

虎風草「夢幻のごとく」

9/26 ●1-6YB(横浜)


巨人が勝ち、阪神が負けたことで、今季のリーグ優勝はなくなりました。

あれ?

私の記憶が確かならば、先週の今頃は首位じゃなかったっけ?
勝ったらマジックとか言ってなかったっけ?

あれ? ヘンだな?
あれは夢だったのかしらん?
幻だったのかしらん?

たしか、阪神のピッチャーが相手のエースの頭にぶつけたんじゃなかったっけ?
あれから1回も勝ってないんじゃなかったっけ?

野球の神様、ごめんなさい。
わざとじゃなくても、あんなことしてごめんなさい。
そんなことして、優勝なんか目指してごめんなさい。

1週間前にこんなこと書いてた自分が恥ずかしい…。
[PR]
by hibinag | 2007-09-27 00:23 | 04-1.野球

虎風草「何もかも」

9/25 ●3-4xYB(横浜)


終わってから采配のことを言うのはフェアじゃないかもしれないけど、
正直、今日はスタメンを見た時からイヤな予感がしてました。

なんで葛城を外すかなあ?
いくら相手の先発が左やからって、今一番振れてる選手でっせ?
先週の巨人戦では、左も右も関係ない言うてたんちゃうん?

まあ、とにかく何もかもが悪い方へ、悪い方へと行ってるね。
9回表は同点じゃあかん。
引っ繰り返してしまわないと。
2アウト満塁で4番が三振してちゃ、そりゃ流れは来まへんわ。

10回裏もなあ…。
打たれたのは仕方ない。
球児を打った吉村を褒めなしゃあない。
けど、村田に盗塁されたらあかんやろ?
それに、1塁ベースも空いてたんやけどねえ。
もう、このあたり、余裕のなさが見てとれるよなあ。

しかし、一番信じられへんのは、テレビで中継がなかったことですわ。
TVKの放送でもええからネットしろよ、ったく。


【9/26追記】
9回表ノーアウト満塁、トリの犠牲フライで同点となった場面。
ラジオの実況でまったく触れてくれなかったから分からんかったけど、
後でニュース映像で見たら、2塁ランナー藤本はおそらくサードへ行ける。

本人は試合後、「自分の判断(で行かなかった)」と言っていたらしいが、
だとしたら判断が悪いと言わざるを得ない。
ベイのレフトが佐伯ということを考えれば、むしろ行けると判断すべき。
ていうか、「無理かな…」なんて弱気になってるところが気に食わん。

もしサードへ行っていたら、2アウト後、桜井の内野安打で勝ち越せたし、
相手にもっとプレッシャーをかけられたから、もっと点が入っていたかもしれない。

タラレバを言っても仕方ないが、結局、基本を疎かにすると、いい結果は出ない。
野球の神様は、ちゃんと見てる。
[PR]
by hibinag | 2007-09-25 22:26 | 04-1.野球

虎風草「前を向け」

9/24 ●4-5YB(横浜)


勝てそうな試合を球児で落とした。
あの9連敗が止まる前と同じや。
てことで、明日は勝つよ。たぶん。

根拠?
この期に及んで根拠が要りますか?

優勝どーのこーのより、まず1つ勝つこと。
話はそっからや。

今シーズンも残りわずか。
下向いてるヒマはないで。
前を向くんや。
倒れるにしても、前のめりでいこうぜ。
どっちにしたって、ゴールはせなあかんのやから。


【今日のむしろこっちの方が心配】
昨日、S石井からデッドボールを食らった赤星、骨折してたらしい。
嗚呼…orz
[PR]
by hibinag | 2007-09-24 18:25 | 04-1.野球
9/23 ●0-3S(神宮)


♪かっとばせー○○(アイヤ!)

っていうヒッティングマーチ、ありますね。
特定のHMがない人の時の「一般HM」というか。
昨日のオーダーでいうと3番(野口)、5番(ミッさん)、6番(葛城)が、これでした。

つまりね。
今の阪神は、主要な打順にそういう選手を入れざるを得ない状況なわけです。
そんなチーム状態は、普通「満身創痍」なんて言い方をされます。
傷だらけなんですよ、今のトラは。
それで優勝争いをしようっていうんだから、
よくやってると言えばよくやってるし、無謀と言えば無謀とも言える。

昨日、不振のシーツに代わって野口が3番に入りました。
個人的には正しいと思って期待もしたんですが、終わってみれば、何と4打数4三振。
最初の2打席はアウトローに落ちる変化球を空振り。
後の2打席はインローの真っすぐを見送り。
まるで野口がシーツになったみたいでした(泣)。
関西のスポーツマスコミはやたらと「鬼門」が好きやけど、
何ですか、阪神は3番が鬼門なんですか?(号泣)

それでもまあ、昨日みたいな試合は、まだ望みがあるよね。
ピッチャーが抑えて我慢して打線の援護を待つというのは、本来のパターンやから。
一昨日みたいな打たれまくるゲームよりは落ち着いて観られますわ。
上園は躍動感があったし、江草、久保田もきっちり仕事したし。
ジェフは間隔が開きすぎて、ちょっと勘が狂ったかなあ。
でも、ボールは悪くなかったよ。準備の仕方が難しかったね。

神宮でよもやの3連敗。
東京に乗り込む時、岡田監督は「ヤクルトはいややなあ」と言ってたそうです。
あえて触れなかったんですが、指揮官がそういうことを口にしちゃダメですね。
選手に「気持ち」を求めている人が、まさに気持ちで負けてるわけですから。
正直な岡田さんらしいけど、それを言っちゃあマズイよね。

でも、確かにヤな流れはあったよね。
例の古田退任発表でね。
何でこのタイミングでやるかなあ、と思ったもん正直。
安倍の時より思ったもん←ウソです
最後の最後に古田マジックにかかっちゃった感じですな。

さて。
終わったことを悔いても仕方ありません。
先日、「前半戦のことを思えば、今は楽しくて仕方ない」と赤星が言ってました。
それが本音ならば、4連敗ぐらいどうってことないはず。
まだ挽回のチャンスは十分に残されているわけです。

レースは間もなく第4コーナーというところ。
本当の強さがあれば、最後の直線で差し切れるはず。
ここで脱落するなら、それはそれまでのものだったってこと。
チームもファンもね。
何度も書いてるけど、去年の終盤の粘りを、今こそ。


【今日のゲン担ぎ】
サンテレビでもあかんかったか…。
てか、そんなん言うてる時点であかんわな。反省。
[PR]
by hibinag | 2007-09-24 12:02 | 04-1.野球
9/21 ●1-8S(神宮)


9月に入ってから、試合の中継を録画することが結構あるんですよ。
で、割と勝率がいいんです。予約録画した日は。

でも、今日は録画しなかったんですよ。
なぜかって?
放送が7時から9時、しかも延長なしやったからですわ。
そんな中途半端な放送、録画してもしゃーないですから。

去年も書いたけどね。
そういうしょーもない中継しかでけへんのやったら、最初からするなって。
もう、関テレは放映権取るなって、頼むから。
そうでなくても勝率悪いんやから。
「ぶったま!」だけで我慢しとけって。

というわけで、こんな日はテレビ局に八つ当たりしときましょ。
なーに、明日・明後日はサンテレビですから。
プレーボールからゲームセットまで完全生中継。
もちろん、きっちり予約してまっせ。

3位転落がどないしたっちゅーねん。
明日、逆のことが起これば、また首位やがな。
負けてばっかりでBクラスにくすぶってた頃のことを思えば、
おもろい毎日っちゅーもんですわ。
[PR]
by hibinag | 2007-09-21 23:56 | 04-1.野球
9/18 ○5-4G(甲子園)


ジェフで追いつかれ、久保田で追いつかれ。
それでも虎は負けなかった。
決勝点は相手のミスでもらったものだが、この際、何だっていい。
ワイルドピッチの時、サードにランナーがいたから勝ったのだ。

ここまで来たら、結果がすべて。
大事なのは勝つこと。ただそれのみ。
ジェフも久保田も、完全に打たれたわけではない。
ちょっと運が悪かっただけだ。
ミスはミスとして反省はしなければならないが、勝利がそれを洗い流してくれる。

向こうはリリーフにヒサノリを送り込んできた。
もう、なりふりなど構っていられないのだ。
劣勢の展開を2度も追いつき、その執念は実るかと思われた。
しかし、それでも勝てなかった。

阪神は、能見が崩れても江草が、渡辺が踏ん張った。
チームの窮地を何度も救った救援陣を、金本が、シーツが、葛城が、野口が助けた。
全員が一つになって、勝利の糸を手繰り寄せた。

わずかの余裕もなく、切羽詰っていた巨人。
追い越されなければ何とかなるという雰囲気の中で戦えた阪神。
そこには今の状況だけでなく、ここ数年の経験値も含まれているのではあるまいか。
そして、その違いが、天と地ほどの差となって結果に表れたのではあるまいか。

選手はみんな口にする。
目の前の試合に全力を尽くし、勝つことだけを目指すと。
去年の今頃、そんな毎日を実現させてきた戦士たちの言葉だから、我々は信じられる。
そこには力強い言霊が宿っている。
[PR]
by hibinag | 2007-09-19 01:23 | 04-1.野球

虎風草「ベテラン躍動」

9/17 ○4-1G(甲子園)


シモやんの、久々にシモやんらしい好投。
矢野のナイスリードと、これまた久々の技ありタイムリー。
そして、代打ひーやんの犠牲フライ。
ベテラン勢の活躍で首位を奪い返した。

それにしても、ここんとこヘンな天気だ。
今日は、あと1アウトで試合成立というところで突然の大雨。
試合再開後、また雨。
そして、試合終了後にも、またまた雨。

グラウンドもかなり軟らかくなっていたようで、
赤星は3塁を回るところで一瞬つんのめっていたし、
矢野のタイムリーでホームに突入した藤原も、転びかけていた。

とはいえ、大勢には影響なく、最後はいつものJFKで磐石の勝利。
見ていて、久しぶりに清々しい勝利だった。

雨にも負けず、Gにも負けず。
シビレル試合ニ勝利シ、最後ハ首位デワラッテイル。
サウイフ虎ヲ、ワタシハミタイ。
[PR]
by hibinag | 2007-09-17 23:55 | 04-1.野球
さて、今回の最大の目的は、実は「食」だった。
ずっと以前にテレビなどで情報を仕入れ、行こう行こうと思いながら、
ズルズルとチャンスを逃し続けていた2つの店に行ってきた。


e0061584_225775.jpg

1つは、なんばパークス6階にある「クアアイナ」
ハワイの人気ハンバーガーショップとやらで、
いつぞやテレビで見たアボカドバーガーが美味そうで美味そうで、
めちゃめちゃ食いたかったのだが、やっと積年の悲願を果たしたのだった。

食うのに必死で、店内で写真を撮る余裕がなかったので、
メニューその他はホームページなどでご確認いただきたいのだが、
まず、デカい。なんしかデカい。
Mのマークの店のメガなんとかなど、ここのアボカドバーガーの前ではメガでも何でもない。
もちろん、上から下までガブリといけるわけもないので、
部分部分で攻略していくしかないのである。
写真なんぞ撮ってる場合ではないのであるのである。

で、肝心の味はというと、これが激うま!
なんせ1/3LB(たぶん普通サイズ)で肉が150gである。
そんでもって、噛むと肉汁がジュワッと出てくるのである。
いちいち比較して申し訳ないが、あのMのマークの店のハンバーガーの肉から
肉汁がこぼれ落ちるなぞという経験をした人はいるか?
えっ? いるのかっ!?
なんでケンカ腰なんだオレ。

もうね、これがハンバーガーですよ。
ザ・ハンバーガーですよ。
いや、そりゃあ高級ホテルのレストランで3000円ぐらいするハンバーガーもあるらしいけど、
あれはハンバーガーっつーよりステーキサンドみたいなもんで、むしろ反則。
ほんまの意味で、いやあハンバーガーやなあ、という代物でした。

食い応えもすごくて、実はこの日、気合い入れたわけでも何でもなく、
たまたま昼まで何も食ってなかったんですが、
それなのに食ってる途中で、すっげー満腹感に襲われまして。
あんな経験、初めてですわ。

いやあ、まさに悲願達成な感じで、余は満足ぢゃ。


そんでこの後、前編で書いたいろいろを見たりしつつ、
メインの次はそりゃデザートでしょってんで、なんばウォークへ。
昔でいう虹のまちですわ。


e0061584_22573986.jpg

その1番街北通りにある「9988」というお店。
ここ、おそらく以前は「冰館(ピングァン)」と呼ばれていたはずで、
どうも私が調べた範囲では店名が変わったようなのだが、
まあ、そんなことはひとまず横へ置いておくとして、
ここで所望すべしは「マンゴー冰」
一時期、けっこう話題になっていたので、ご存知の諸兄も多いと思われるが、
前々から食べたい食べたいと、特に妻が言っていたわけです。

e0061584_22581813.jpgで、これがその、待望のマンゴー冰。630円。私、けっこうマンゴー好きなんで、これはグッジョブな味でした。氷もフワフワで、普通に想像するかき氷とは一線を画す感じ。食ってみる価値はありますね。うん。

ミナミって、神戸からだと意外に遠くてね。いや、物理的にというより心理的距離がね。地元に三宮や元町があるし、大阪に行っても梅田が玄関口だし。わざわざ行くには、そこにしかないモノが必要なわけで。

そういう意味では、食い物の引力ってのは、やっぱり強いのだなと再認識。あー、また食いたくなってきたぞ。







e0061584_22585053.jpg

[PR]
by hibinag | 2007-09-16 23:00 | 09.紀行・リポート
e0061584_22375859.jpg

昨日の昼間、出かけていた先はミナミ。
大阪市民だった頃は、よく行く場所の一つだったが、
住処が神戸に移ってからは、あまり足を運ぶことのない、遠い街になってしまった。
この10年ほどの間に行ったのは数えるほどだと思う。
冒頭の写真はなんばパークス9階の屋上庭園で撮ったものだが、
ここができてから来たのは、おそらく2度目だ。


e0061584_22402564.jpg

前に来たのは去年の春頃で、仕事の合間に一人で来た。
かつてこの場所にあった大阪球場をフランチャイズにしていた南海ホークスの
メモリアルギャラリーを見学したのだが、今回、それは別の場所に移動していた。


e0061584_22403919.jpg

庭園のあちこちには、この地に縁のある人の手形のモニュメントがある。
大相撲の大阪場所が開かれる地だけに、力士の手形が多い中、
漫画家・水島新司氏のものを見つけた。
添えられているのは、もちろん「あぶさん」影浦だ。


e0061584_22405434.jpg

前回、見つけることのできなかったホームベースのモニュメントも発見。
2階部分に当たる屋外通路で、人通りの多い場所だった。
まさにこの場所に、大阪球場のホームプレートがあったのだ。

ちなみに、ピッチャーマウンドのプレートのモニュメントもあり、
その場所からホームベース・モニュメントの後ろに座らせたサンを撮影。
私が生まれた頃、そこは野村克也・現楽天監督の定位置だった。
e0061584_22411942.jpg



e0061584_22414277.jpg

8階の円形劇場では、たまたま大道芸が行われていた。
この観客席も、大阪球場の外野スタンドを模して作られたものらしい。
狭い土地に建つ都心の球場のスタンドは、傾斜がえらく急だったのを思い出す。


e0061584_2242437.jpgこの芸人さんはカナダ人だそうで、日本語が達者で面白かった。ちなみに、この写真の彼の下にある円形の筒は固定されていない。風の強い屋上で、不安定な場所でナイフをジャグリングするという妙技。しかも、彼の背後の柵の向こうは吹き抜けで、地上1階まで床がない。本当かどうか分からないが、彼は先週、台風の影響で風に煽られ、台の上から落ちたと言っていた。














ついでにもう一つ。
彼が芸を披露していた場所にも、ホームベースがあった。
ここは小さな球場、劇空間なのだ。
e0061584_22442236.jpg




ちょっと長くなったので、後編に続く。
[PR]
by hibinag | 2007-09-16 22:48 | 09.紀行・リポート

虎風草「タイムシフト」

9/15 ○2-0D(甲子園)


昼間は出かけていたので、録画したサンテレビを夜に観た。
擬似リアルタイム観戦を実現するため、それ以前にスポーツニュースもネットも見なかった。
帰り道、梅田を通りかかった時、観戦帰りの虎ユニ集団と行き違ったが、
どうか試合結果に関する話はするなと心で念じながら先を急いだ。

時々書いているが、「押されながらも先取点を許さなければ、勝つ」という展開だった。
つーか、ほんまにワンチャンスやったなあ。
ハマちゃん、よく打ったよ。

安藤は、本人も言っていたとおり、良くはなかったね。
特に2回まではグダグダだった。
でも、風やら味方の好プレーやらに助けられながらも、粘れるところはさすが。
あれが安藤の真骨頂やね。
タイミング良く点が入って、白星がついたのが良かったね。

そして、久々のJFK揃い踏み。
久保田、シーズン81試合登板の日本新記録、おめでとう。
この数字自体、もちろんすごいけど、それで防御率が1点台ってのは特筆に価する。
本人は「2年前の球児より数字が悪い」と言ったらしいけど、そりゃあ比較対象が悪いよ。
誰かと比べるものじゃなく、この記録は誇りに思っていいし、
何よりファンが誇りに思える立派なものだから、胸を張っていい。

ジェフも復活したし、球児も久しぶりにゼロで抑えた。
ここまで来たら疲れもあるし、本調子でないのは見て取れるが、あと少し。
プロ野球史上最高の救援ユニット・JFK。
こんな3人が揃って快投を続けるシーズンに、優勝しない手はないな。
昨日の3人を見ていて、そんなことを思った。
[PR]
by hibinag | 2007-09-16 11:37 | 04-1.野球