慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー

<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

GW前半戦は、妻の両親と一緒に有馬へ。

まずは、マス池でニジマス釣り。
神鉄・有馬温泉駅から、ゆっくり歩いて25分くらい。
大人だけでとっとと歩けば、たぶん15~20分ぐらいで行ける。
e0061584_16201459.jpg



入ってすぐのところには、コイやらチョウザメやらの池もある。
e0061584_16202838.jpg

残念ながら、キャビア獲りはできません。


e0061584_16265055.jpg

マスの釣堀はこちら。
エサをつけて、竿を垂らすと、すぐに食いついてくる。
いわゆる入れ食い状態。
e0061584_1627441.jpg

久しぶりの釣りだったんで、最初は楽しかったけど、
あんまり簡単に釣れちゃうんで、だんだん飽きてきた(笑)。
まあ、それぐらい簡単なんで、お子様には最適かも。
うちのチビ太公望も、4、5匹釣ってましたわ。
e0061584_16215176.jpg



釣った魚は、敷地内の食堂で調理してくれる。
唐揚げ、塩焼き、甘露煮から選べるみたいだけど、
人が多い時は、塩焼きは拒否される模様。
どうも時間がかかるらしく、うちは23匹を全部、唐揚げにした。
e0061584_16221138.jpg

割と身がしっかりしてて、結構うまかった。
屋外で、風に吹かれながらのビールと唐揚げ。最高。

その後、「六甲有馬ロープウェイ」で六甲山へ移動。
山は桜がようやく咲き始めたばかりで、印象的には、「春」というより「秋」の風情。
途中、山頂から降りてきたロープウェイとすれ違う。
e0061584_16222636.jpg



ガーデンテラスで景色を楽しんだ後、カンツリーハウスでベビーゴルフ対決。
ホールがいくつかあるんだけど、もう夕方で、閉園時間が迫ってたんで、
一番空いているらしい、起伏の激しいコース(全9ホール)へ。

前半のホールは、グリーンがかなり上にあり、結構難しい。
しっかり打たないとボールが戻ってきてしまうので、最初、サンは苦労していたが、
何ホールかこなすうちに、そこそこ様になっていた。
個人的には、最終ホール(パー3)でバーディーを取れたのがうれしかった (^o^)v
e0061584_1622502.jpg



天気にも気候にも恵まれたし、けっこう山道を歩いて運動になったし、
何より近場だから移動時間(&お金)がかからないし、満足満足。
[PR]
by hibinag | 2007-04-29 23:27 | 09.紀行・リポート
4/25 ○7-2S(甲子園)


今岡が2年ぶりの4打数4安打。
このところ、ことごとくチャンスを潰していたが、先制タイムリーも打った。
ようやくお目覚め。と思いたい。

で、なぜ覚醒したかといえば、それは6番・リンの存在ではないかと思う。
今岡に続く2点目のタイムリー。
昨日は石川を打てなかったが、最終打席で同点打。
そして今日は、サウスポー石井から2安打。
いつでも打てるわけではない。
しかし、いつも打てないわけではない。

当たっているリンが後ろに控える。
今岡を無駄に歩かせたくないと思えば、ボールが甘くなりやすい。
もちろん、それをヒットにするのは今岡の実力だが、
その形を整えたのはリンちゃんではないかと思う。

そしてこれは、4番と5番の関係にも当てはまっていく。
今日の金本はノーヒットだったようだが、このまま今岡が調子を上げていけば、
チャンスに力んでいたアニキも、きっと本来の力を取り戻す。
そう、2年前のように。
打線とは、チームとは、そういうものなのだ。

眠れる今岡を揺り起こしたリンちゃん。
目覚まし時計のベルのごとく、リンリンと←駄洒落かよ…
[PR]
by hibinag | 2007-04-25 23:16 | 04-1.野球
4/22 ●3-10G(甲子園)


投手陣総崩れ、打撃陣不発。
最近の阪神を見ていると、あの弱かった時代がフラッシュバックしてくる。
戦力的に、というより、空気の重さみたいなものが。

こういう金縛り状態にある時は、それを打ち破るための起爆剤が必要だ。
幸い、今の阪神にはそれがある。

最終回の攻撃に、チームが進むべき方向が示されていた。
1アウトから代打・林が痛烈なヒット。
続く代打・葛城は0-2後の好球を見送り、結局、上がり過ぎの外野フライ。
2アウトとなり、狩野が2戦連発のホームラン。

打った2人がやったのは、ファーストストライクを打ちにいったこと。
2人とも、それで仕留めたわけではない。
だが、その積極性が結果を生んだように、私には思えた。
何とかしてやろうという意志を感じた。

報道では、浜中が右肩を傷めたらしい。
これで、相手投手の利き腕に関係なく、林を使わざるを得なくなった。
浜中には申し訳ないが、これは天の啓示のような気がする。
浜中自身、おそらく痛みを抱えながら試合に出ていたのだろう。
休んで体調を整えることもまた、今必要なことのように感じられる。
ハマちゃん欠場というピンチを、チームのチャンスに変える条件が整ったと思えばいい。

今、チームに必要なのは、勢い、刺激。
例えばリンちゃんが6番に座ることで、
5番・今岡、ひいては4番・金本にもいい影響が出る、かもしれない。
少なくとも、その期待は大いにできる。と私は思っている。
あるいは、思い切ってリンちゃんを5番、狩野を6番あたりに置いてみても面白い。

好調な2人が、その勢いをどこまで持続できるかは分からない。
しかし、物事には流れ、タイミングというものがある。
起爆剤は使わなければ爆発しない。
倉庫(ベンチ)に置いたまま湿気てしまうのは、いかにも勿体ない。
[PR]
by hibinag | 2007-04-23 12:27 | 04-1.野球

今日のネーミング

e0061584_15383173.jpg

地域の、というかサンの学校がらみの行事でもらったパン。
その名も「コーヒーパン」。


e0061584_15384785.jpg

「マーガリン仕立て白あん入り」。


e0061584_1539144.jpg

「コーヒー風味のケーキ生地」。
「マーガリン入りのなめらかな白あん」。


e0061584_15392446.jpg








あのう、すんません。


それって…  アンパン  なのでは?
[PR]
by hibinag | 2007-04-22 15:41 | 01.日常雑記
4/21 ●2-5G(甲子園)


「負けたなあ…」

「なかなか勢いがつかないですねえ…」

「今日は狩野だけやったなあ」

「昨日のヒーローが即スタメンってのは、いい起用でしたね。しかも結果が出た」

「初ホームランに初猛打賞。ようやく矢野の後継者候補が出てきた感じやな」

「まだまだこれからなんでしょうけど、希望の光が見えてきたというか、雰囲気は感じますね」

「2点目も、打ったのはセキやけど、タイムリーになったのは狩野の走塁のおかげやで」

「タイミング、微妙でしたけど、うまくタッチを交わしましたねえ」

「あれ、ほんまはアウトやで。ベースタッチしてへんもん」

「え? そうでした?」

際限なく続く、グダグダの会話。。。
[PR]
by hibinag | 2007-04-22 15:39 | 04-1.野球
4/20 ○5x-4G(甲子園)


1年に1回あるかないかの試合を2日続けるとは、なんちゅーチームですか!?

いや「阪神です!」とかいうお約束はいいから。


今日は飲みに行ってました。
店を出たのが10時過ぎ。
で、電車に乗って、ふと思い出した。

あれ? メール来ないな…。

メールというのは、ファンクラブ発信の試合結果お知らせメールのことです。
だいたい、試合終了から20~30分後ぐらいに来ます。
仕事場を出る前、5回ぐらいまで進んでて、0-1というのは知ってたんで、
まだ来てないってことは延長かな? とは思ってました。

それから、しばらくしてメールが来て、結果を知ってビックリ!
何やこれ? マジ?
どんな経過やねん? 観たい! 観たい! 観たい!

というわけで、帰宅後は久々にスポーツニュースをハシゴ。
サヨナラタイムリーが狩野と知って、またビックリ!
いやあ、ほんまによう打ったなあ。

で、途中、「時効警察」をはさんで(笑)、ネットで経過のチェックして、
ほかの虎ブロガーさんのエントリ読んで、それでも飽き足らずに、
You Tubeでハマちゃんの同点タイムリーと12回裏の攻撃を観てました。

やっぱり通しで観ると、いいですなあ。
結果を知ってても、何となくドキドキしたりして。
狩野が打った瞬間は、赤星じゃないけど、思わず泣きそうになったわ。

しっかし、もう1回言うけど、どういうチームなんですか阪神は?
実は昨日、試合に負けた後、ふと思ったんです。
阪神って、ここ何年か、年に1、2回、必ずこういうヘンな負け方するけど、
逆に大逆転で勝つとかって、あんまりないなあ、って。

そう思った途端にこれですか。
そういう意味では期待に応えてくれたと…いやいや、まあ…言葉にならんね。

ともかく、昨日の負けを吹っ切るには最高の勝ち方、ということになるのかな。
何しかもう、これを勢いにしないとウソやね。
去年終盤の諦めない戦い。
ファンも含めて、それを思い出させてくれるゲームだったと。

【今日の影のヒーロー】
狩野のプロ初安打初打点のボールをレフトまで取りに行ったセキ。キミはえらい!
よくそこまで気が回ったねえ。
常に周囲に目配りができる、やさしい男なんでしょうなあ。
やっぱり2番が性に合ってるのかも。

そして、12回表の3失点にもめげず、最後まで応援した皆さんは更にえらい!
いやあ、いいシーン見はりましたな。おめでとう!
[PR]
by hibinag | 2007-04-21 04:20 | 04-1.野球
4/19 ●7-9D(ナゴヤドーム)


またやっちゃいましたか、ウチの子は←子供扱い


5回表 7-1! 今日も楽勝!
 ↓
5回裏 ボーグルソン炎上。江草も打たれて1点差。やばい…


私、このへん観てなかったんですけど、ボギーはそれまで良かったらしいね。
とすると、リリーフの準備が出来てなかったんやろなあ。
そんな状態で、相手が押せ押せの雰囲気の中へ行かされる江草は気の毒だわ。
しかも、今日は球児が欠席してたらしいから、なおさらです。

ただ、まあ、何と言うか、そないきっちり逆転されんでも…という気はするけどさ(笑)。

私、正直、またか…と思いました。
なんか、前にもこんな試合があったなあ、と。
で、たまたまネットで見つけたんですが。


■05年4月28日(甲子園)
D 000 010 440|9
T 003 311 000|8

■05年8月9日(ナゴヤドーム)
T 212 020 000|7
D 001 090 01X|11



ああ、思い出すわあ。
1つ目のは赤星が落球、久保田が炎上。
2つ目は井川が突如乱れて自滅。
この試合のおかげで、私は優勝を諦めた。
けど、最後は優勝しちゃった。
で、ブログで懺悔したんですよ。

ね? つまり、そういうことです。
こんなアホみたいなゲームをやった年に、阪神は優勝したんですよ。
中盤までは打つ方も投げる方も快調なのに、
打たれ出した途端に打てなくなるってのも、今日とそっくりやねえ。

まあ、「だから今年は優勝!」とは、よう言いません。
正直、今年はしんどいなあという思いはありますが、
福原と安藤抜きで、打線も全体としてはまだまだ低調で、それでも5割。
今からは、落ちる要素より上がる要素の方が多い、はず。
そう思って、私は見てます。

う~む、何か昔の黒鉄ヒロシみたいやなあオレ(笑)。


【追記】
負けたけど、今日は収穫もあった。
今後、川上登板の日は、登板の予定がなくてもベンチにボーグルソン!
ココイチの場面で代打ボーグルソン!
ていうかいっそ、5番サード・ボーグルソン!


だから先週、打たんでいいからしっかり投げろ言うたんや…
[PR]
by hibinag | 2007-04-20 00:44 | 04-1.野球

気の毒、ですよね。

なんかね。
とあるエライさんが講演会か何かをやるらしくってね。

こういう場合、オーディエンスが極端に少ないと、面子にかかわるとかで、
周辺の人が苦労して、出席者を(強制的に)集めたりして、
いろいろとお膳立てをするわけですね。聞くところによるとね。

いや、タ●ンミー○ィングの話とかじゃないんですけどね(笑)。

ところがね。
聞くところによると、そのエライさんとやらが、
聴衆が一人でも寝たら途中で帰るとか何とか仰せになったらしくてね。
それで、準備してる人たちが頭を悩ませてるとかいう話でね。

これ、何で困ってるのかというとね。
おそらく「寝る人が出たらどうしよう」ってことだと思うんですけどね。
「機嫌損ねちゃう」とかね。
「俺たちが怒られる」とかね。

でも、ちょっと待ってと思うわけですよね。
そういうことを人に言う前に、
寝るのが惜しいほど面白い話をすればいいだけじゃないの? ってね。

ああ、自信ないのかあ、とか思っちゃうんですけどね。
そういう、眠くなることを予告されて話聞きに行かされる人が気の毒ですよね。
もう、ほとんど嫌がらせじゃないのかとか、つい思っちゃいけないですかね?

何にせよ、そんなこっちゃあ、「お前の話はつまらんっ!」って、
大滝秀治さんに怒られちゃうんだろうなあ、とか思っちゃうわけですけどね(苦笑)。
[PR]
by hibinag | 2007-04-18 14:16 | 01.日常雑記
4/15 ○10-1YB(甲子園)


昨日のエントリからして、今日は3回から観戦していたと思われそうな試合展開でしたが。

すみません、実は1回裏から観てました。

ただし、すでに4点取った後でしたが。

出先から帰宅してテレビをつけたら、バッター・赤松。
で、直後のボールをセンターへ犠牲フライ。
いきなり得点シーンでした。

その後もトリ、セキに連続タイムリーが飛び出し、さらにアニキが2発。
終わってみれば、今季初の2ケタ10点のうち、6点が入るシーンを観れたというわけ。
ああ、よかった。

とはいえ、3回からはチグハグな攻撃で、7回までゼロ行進。
いきなり大量得点の試合は、えてしてこんなものとはいえ、
こりゃあやっぱりオレのせいかと考え込んじゃったじゃないかよ阪神打線←八つ当たり

それだけに、8回の金本の2本目は大きな意味があると。
ま、できれば誰か他の人が打ってくれる方が、チーム的にはよかったとは思うけど、
それは贅沢というものかな?

それにしても金本は、やっぱりすごい。
あの打球の速さ、迫力。
そして笑いをとりにいくヒーローインタビュー。
小嶋の好投の要因を聞かれ「なんで打てないんでしょうねえ」って(笑)。
トリまでつられて「(なぜ打てないのか)分かりません」って言っちゃった。
こんなグダグダなヒーローインタビュー、初めて聞いたよ。
けど、おもろかったからオッケー。

まあ、そう言われても仕方ないくらい、今日の小嶋はよくなかった。
コントロールにかなり苦しんでたねえ。
でも、それで1点に抑えたんだから大したもの。
不調の時にどれだけ踏ん張れるかが、プロの仕事ってやつですな。

というわけで、私も観戦時得点率が不調ですが、
できるだけ踏ん張りたいと思います。
いや、踏ん張るのは阪神打線ですけど。
てか、観戦のプロなのかよオレ。
[PR]
by hibinag | 2007-04-15 19:13 | 04-1.野球
4/14 ●0-6YB(甲子園)


中日3連戦で運を使いすぎたのか、昨日は9回2アウトでコールド負け。
でもまあ、中日戦でああなるよりはいいか、と思ってみることにした。

で、今日は…何だか負けた気がしない敗戦。
3回、相手がくれたチャンスでノーアウト満塁。打順はクリーンアップ。
それで1点も取れないんじゃあ、勝ち運はつかめませんわなあ。

結局、満塁のピンチで開き直れた川村と、それができなかった能見、ということで。
とはいえ、能見はよく投げた。
8回2失点は御の字。
変化球のコントロールも緩急も良かった。

けど、こういう試合って、えてして押してる方が負けちゃったりするんだよなあ。
今日は、その典型的なパターン。
もっと打ってやってよ、バッターの皆さん。

と書いていて気づいたのだけれど、なんか先週も同じようなことを書いた気が。
むぅ、週末だからって休んじゃダメじゃん。

てか、思い返せば、私が試合開始から終了まで、ほぼびっちり観たのって、
先週の土日の巨人戦と、今日の横浜戦なんだけど、ここ2戦は完封負けやん。
先週の土曜日は、勝つには勝ったけど、得点シーンをリアルタイムでテレビで観たのって、
ウェイツウの追撃ホームランだけやし(他の得点はテレビ放送中断中でラジオで聞いた)。

てことはつまり、

私がテレビ観戦してると、阪神が点を取りません(泣)。


何だよぉ、オレ、テレビ観ちゃダメなわけ?
ここ数年、割と勝率よかったんやけどなあ…。

何にせよ、ヤな傾向。
行くか?お祓い←また今年も…


【そんな私】
明日は昼間、出かけますので、前半戦はたぶん観れません。
途中、ケータイで観るかもだけど、その場合は京セラの得点シーンとか見てるんで大丈夫。

というわけで、明日は先行逃げ切りで勝つぞ、たぶん。
自分的には、ちょっとアレだけど。
[PR]
by hibinag | 2007-04-14 22:54 | 04-1.野球