慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

言葉がない

昨日のJR福知山線の脱線事故のこと。

毎日のように鉄道を利用する一人として、これは他人事ではない。
巻き込まれた人たちと、そうでなかった人たちとの差は、「運」でしかないのだ。

「亡くなられた方々のご冥福と、負傷された方々の1日も早い快復を祈ります」
そんな決まり文句を発することすら居たたまれなくなるような惨劇。
怖い。そして、つらい。
[PR]
by hibinag | 2005-04-26 12:38 | 02.一般ニュース
一昨日のニュースより。共同通信の記事より引用。

男性社員が育児休業を取った企業に奨励金を支払う国の助成制度の利用が、
2003年度の導入以来、2年間で1社もなかったことが21日、分かった。

この制度は少子化対策の柱の一つとして始まったが、同年度の男性の育休取得率は0.44%と、男性の取得がまったく進んでいない実態を反映、04年度で廃止された。


(中略)

廃止された育児休業取得促進奨励金制度は、男性社員、女性社員それぞれ1人以上が育休を取得することなどを条件に、申請によって、1企業1回に限り70万円が支給される。

申請した企業はあったものの、男性の育児休業の実績がなかったため、認められなかった。


行政機関の的外れな施策が枚挙にいとまがないのは言わずもがなだが、
中でも少子化対策は本当にヒドイといつも思う。
これもその一つ。
有休取得もままならないような職場が多い(と思われる)この国で、
こんなものが有効に機能すると本気で思っていたのだろうか。

長年、勤労こそ美徳とされてきたこの国では、
こと企業社会においては、その精神がいまだに根強く残っていると思われる。
そういう文化を持つこの社会で、いくら上(企業)が申請したところで、
下(現場)で休むことが普通に許される雰囲気は、なかなか醸成されない。
まして、奨励などされるはずもない。と思うのだ。

要するに、そうした職場において、まずやらなければならないのは、
育休が「文化」として受け入れられるようなムードを醸成することなのだ。
土地を耕してもいないのに、種を撒いたって果実は実らない。

いつものパターンで申し訳ないが、制度は作ればいいというものではない。
机上で立てたニーズのない策など、邪魔になるだけだ。
[PR]
by hibinag | 2005-04-23 12:39 | 03.主張

ありえねえ!

男性客が転落死した「東京ジョイポリス」の話。
つい先日、やはりシートベルト未装着で乗り、恐ろしい経験をした人がいたらしい。

読売新聞の記事によれば、男性は大柄でシートベルトが締められず、
近くにいた係員に伝えたが、係員は誰かに連絡や相談することもなく
「大丈夫です」と即答。
ところが、遊具が動き、座席が前傾すると、腰が前に押し出され、
6メートルの高さからずり落ちそうになったとか。


男性は両足を大きく開いて必死に踏ん張り、安全バーを握りしめる手が汗で滑るほどだった。

(中略)

「早く終われ。これじゃ拷問だ!」。終了までの約3分がとても長く感じられたという。

前にも書いたかもしれないが、私、フリーフォールみたいな上下動する乗り物や、
バイキングみたいな縦方向にグルングルンするやつが大の苦手。
はっきり言って吐きそうになる。
だから、今回事故が起こったやつにも多分乗らない。
いや絶対乗らない。乗るもんですか!<リキむな

ましてシートベルトせずになんて考えられない。アンビリーバボー。
ぶっちゃけ、記事読むだけで気分悪くなったよ…。
もう寝る<ヲイ
[PR]
by hibinag | 2005-04-20 16:41 | 02.一般ニュース

アンテナ立たず

朝、学生時代の友人・S(関東在住)からケータイメール。
珍しいな、何やろ?


件名:参上
本文:只今○○駅そばでランチ中。



え? ○○ゆーたら割りとウチの近所やがな。
何で来てんの?
つーか朝からランチってどういうこと?

と思って画面をよく見ると、発信は土曜日の午後2時過ぎ。
あちゃー。

実は私、自宅にいる時は基本的にケータイの電源は切っている。
ケータイはあくまで私の外出時に連絡をつけるためのもの、
在宅時は自宅の電話にかけてくれれば事足りる――という考えだからだ。

加えて、ケータイのメールはほとんど使わないから、
小まめにチェックする習慣もない。
だから最悪の場合、今回のようなことになってしまうわけです。

Sに慌てて返信し確認したところ、
日曜日に学生時代のサークル仲間の結婚式があり、
披露宴の余興の打ち合わせも兼ねて、前日からこっちに来ていたらしい。
それ関係で忙しいので、私や他の友人と会う時間は取れないと思い、
事前連絡しなかったとのこと。
メールは、近所に来たことの「お知らせ」程度のつもりだったんだろう。

確かに、Sの場合、遊びに来る時は事前に(かなり早めに)連絡してくれるし、
本当に連絡したければ、いろんな手段を使うはずだから、
不本意ながら私がメールを「無視」してしまっても何も言ってこなかったのは
そう大きな問題ではなかったかと思う。

けど、これだけ当たり前にケータイ(およびメール)を使う世の中。
誰かが私のケータイにメールを送り、連絡したつもりになることもあるかもなあ。
メールっつーのは基本的に、
「相手が必ず読むとは限らない」ことを織り込んでおくべきツールだけど、
そういう「常識」がだんだん通用しなくなるのかもしれない。

でもやっぱり、在宅時はケータイの電源は切るよ俺は(笑)。
[PR]
by hibinag | 2005-04-18 12:44 | 01.日常雑記

名物拙考

産経新聞の記事によると、串カツは大阪名物なんだそうだ。

ほんまに?

他所のことをあんまり知らないので何とも言えないが、
大阪って、そんなに串カツ屋さん多いのかな?
まあ、「名物=多い」ということではないかもしれんけど、
「名物」になったのは最近のことなんじゃないかなあ?
私が学生の頃とか、そんなこと言われてなかったと思うよ。
当時から(つか、おそらくもっと以前から)「2度づけ禁止」とかはあったけど。

ところで名物といえば、最近よく見るキリンのCM。
佐藤浩市が各地の「うまいもの」を立て続けに食いまくる。
それはもう、「鴨、食らう!」(@「新選組!」)って感じで。
確かに美味そうなんだコレが。

で、流れとしては当然、おらが郷土の代表選手は何だ?
ってことになるわけだが、大阪は何と塩昆布
シブイとこいくなあ、おい(笑)。

ちなみに兵庫県は但馬牛。
あくまで県だから神戸限定ではないし、もちろん但馬牛に文句はないけど、
パンとか洋菓子とか灘の酒とかワインとかプリンとか
イカナゴの釘煮とかソバめしとか、
エセ神戸人としては、そんなのの方がパッと思い浮かぶんだけどなあ。

という話を生粋の神戸っ子である妻にしたところ、

「でも、ワインとかプリンなんて、昔は言ってなかったよ。
私の子供の頃は瓦せんべいが定番やったけど、最近聞かなくなったねえ」

とのこと。
名物っちゅーのも、時代によって変わるものらしいです、ハイ。
[PR]
by hibinag | 2005-04-06 17:45 | 01.日常雑記