慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29

<   2004年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

とある忙しい日の夜

ビートルズは現役時代、テレビ用も含めて5本の映画作品を残している。
その1作目のタイトルは“A Hard Day's Night”。
ま、内容説明はここらあたりにお任せするとして、
この映画には実にケッタイな邦題(日本語タイトル)がついている。

その名も「ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!」

ハードな1日もその夜のことも、邦題には一切出てこない。
で、いきなりやってくるのである。ビートルズが。トテトテと走りながら。

何でこんなことになってしまったのかというと、
当時、劇場で公開された短編ニュース映画に
“Beatles Come To Town”というのがあり、
それを、当時の映画配給会社の担当者が、
ビートルズの主演映画のタイトルと勘違いしたためらしい。
ちなみに、その担当者ってのは、どうやら水野晴郎らしい。
何ということをしてくれたのか。
映画の素晴らしさに感心する前に、ちゃんと確認しろ。

でもまあ、ビートルズがやってくるのはヨシとしよう。
真偽のほどはともかく、日本語として成立している。
おお、そうか。やってくるのかビートルズが。トテトテと。
来るなら来い。
いや戦ってどうする。

しかし、それはともかく「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」とは何か。
ビートルズを聴き始めて早20年余り。
ずーっとそれが疑問なのだ。
あんまり解決する気はないからいいんだけど、引っ掛かるといえば引っ掛かる。
「ヤァヤァ我こそは」とか言って名乗りを上げるのか。
何だ、やっぱ戦ってんじゃねーか。じゃなくて。

この映画が公開された1964年当時の
日本のナウなヤングのファッショナブルなセンスは
当時の空気をリアルタイムで吸っていない以上、肌で理解する術がないのだが、
「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」ってのは、いわゆるカッコいい表現だったんだろうか。
イカしたのか? シビレたのか?
どーなんだ水野?<友達かい
[PR]
by hibinag | 2004-02-29 19:54 | 05-1.Beatles
突然ですが、通勤のお供にビートルズ。
いや、最近、行き帰りの電車でMDを聴いているわけなんですが。

MDコンポを買った時、まず最初にやったのが、
ビートルズのアナログ・アルバムのMDへのダビング。
昔の音源でもあることだし、アナログ盤は好きなんだけど、
日常的に扱うには、やっぱデジタル・メディアのほうが便利だし、
アナログ・メディアの劣化前に保存ってのも兼ねたわけですが、
改めて聴いてみると、
アナログ盤特有のヒスノイズやスクラッチも入ってて、いい味出してたり。

で、今朝は中期の名盤「ラバー・ソウル」「リボルバー」をチョイス。
1曲の時間が短いんで、1枚のMDにアルバム2枚分入るわけですな。

このへんは特に好きな時代で、
「リボルバー」は私の中ではベスト・アルバムだったりする。
世間的に最高傑作といわれる「唐辛子軍曹のさびしんぼ楽団」
直前のウネウネ感がたまりません、って意味が通らないと思いますが、
奥田民生なんかがモロ影響されてそうなドライブ感が、
ってこれも分かりにくいか?(笑)

まあ、ともかく聴いてて気持ちいいわけなんですが、問題はリンゴちゃんなのです。
いや、シーナじゃなくてスター<それはいいから

ビートルズはデビュー以来、
アルバムやコンサートでは全員がリードボーカルをとるのが原則ですが、
本人も認めている通り、リンゴは歌がうまくない。
いや、なかなか味のあるボーカルなんですが、お世辞にも上手とは言えない。
「作曲者がリードボーカル」というグループの不文律の中にあって、
ほとんど作曲しないリンゴは、他人のカバーでお茶を濁すことも多かったわけで。

ジョージの成長もあり、
「ラバー・ソウル」以降はメンバーのオリジナル曲のみでアルバムが構成される中、
リンゴが歌う曲は、主にジョン&ポールが提供。
で、「ラバー・ソウル」では「消えた恋」ってのがそれなんですが、
改めて聴くと、えっらい適当なレコーディングなわけで。

曲自体もビートルズでは凡作の部類だけど、特にギターがヒドイ。
ジョージが弾いてると思われるイントロや間奏はいいとして、
リンゴのボーカルのバックで鳴ってるギターがほとんど雑音。
多分、ジョンの仕業だ(笑)。
まあ、殺人的なスケジュールの中でのレコーディングだけに致し方なしとも思うけど、
それにしたって「試し弾き?」と思いたくなるような音出してたのねジョンったら。
って今頃気づいてますが(笑)。

さらに。
ステレオ録音の黎明期だった当時、プロデューサーのジョージ・マーティンは、
このアルバムではリードボーカルを右チャンネル、リズム隊を左に振ってますが、
この曲だけ、リンゴのボーカルは左。
てことは、マーティン先生、リンゴの声をできるだけ隠したかったと?

ああ、なんて可哀想なリンゴ<決めつけ
「リボルバー」収録の「イエロー・サブマリン」なんて、
彼じゃなきゃ、あのほのぼの感は絶対出なかったはずなんですが、
でもアルバムとしては
代わりに「レイン」あたりが入ってるほうがしっくりくるなと思う私も私(笑)。



〈補足〉
上記「消えた恋」は、作者としてジョン、ポールと並んでリンゴもクレジットされている。
これは記念すべきリンゴの初クレジット作品なのだが、
実際は、詞のほうで単語を5つ提供しただけらしい。う~む。
[PR]
by hibinag | 2004-02-27 19:58 | 05-1.Beatles

I'm lovin' it

昨日の話。
妻とサンは、妻の両親と買い物に出かけた。
で、電車の中で、サンは義父が持っていた単行本を手に、


「サンくん、おべんきょしてんねん」


と、読めもしないくせに朗読を始めたらしい。
いわく、



「むかしむかし、おじーさんとおばーさんが

ハッピーセットを買いに行きました





今なら「おじゃる丸グッズ」がもらえます。
ちなみに一昨日、「キスケのコロコロスタンプ」入手済(笑)。
[PR]
by hibinag | 2004-02-17 12:41 | 01.日常雑記

今日のプチショック

自販機でコーヒーを買おうとしたら、財布の中に100円玉がなかった。
しょーがねえなー。
1020円入れて、ボタンを押した。

商品が出てくる。
次いで、おつり。

100円玉が1枚、2枚…げ、500円玉なしかよ。
6枚、7枚、8枚。



あれ?<終わった

1枚足らんぞ、おい。
何度数えても8枚。
おいおい、どないなっとんねん。
100円返せー!<大人気ない


…?

ふと、自販機を見た。



100円玉、釣銭切れ





_| ̄|○ ………
[PR]
by hibinag | 2004-02-13 20:42 | 01.日常雑記

中ぐらいなりおらが春

最近、サンはドラえもんがお気に入りらしい。
ビデオで録ったアニメを繰り返し観たりする。
主題歌もよく歌っている。
話はそれるが、最近はあの歌を渡辺美里が歌っていたりする。
いや、調べてみたら去年の6月にシングル出してるし。
どーしたんだ美里? って別に恋したってドラえもんを歌ったっていいんですけど、
何か違和感あるっつーか、必然性を感じないっつーか。

で、話を戻して。
サンは今日も風呂で延々歌っていたのだが、何度歌っても、

♪そーらを自由に飛ーびたいな 「はい、タケポクター

セリフまでカバーするのはエライんだけどね(笑)。



さて、そんなサン。
一緒に外出している時は、トイレに連れて行くのは主に私の役目。
先日も、先に済まさせた後、自分もしたかったので、横で待たせて用を足した。
で、そんな私を見て、サンが一言。

「おとーさん、おしっこできて、カッコいいねえ

後で妻に聞いたところでは、普段、便座に座って用を足している彼が
立ったままおしっこをできた時に褒め言葉として言っているらしい。



私「そうか? そんなん言われたん初めてや」

サン「うれしい?」



ビ、ビミョー…。
[PR]
by hibinag | 2004-02-12 12:43 | 01.日常雑記

大概にせい

吉野家のほとんどの店で牛丼が販売中止になった。
で、暴れるバカが出たり。
朝から飲んで暴れるなよ、ええ歳してみっともない。

そんなに食いたいなら競馬場か競輪場にでも行けばよかったね。
全国の数カ所の競馬場・競輪場にある吉野家では、まだ牛丼が食えるらしいよ。
何でも、「牛丼を販売すること」が出店の条件になってるとかで。

それにしても、今日のテレビのバカ騒ぎは何だ?

レポーター「この店ではあと3杯だそうです!」
キャスター「最後のお客さんが来たら、すぐ呼んでくださいよ!」

そんな必死になるようなことか?
報道として事実を伝えることは大事だ。
一般の人が、しばらく口にできなくなるのを惜しむのも分かる。
が、「最後の客」を生中継することが、そんなに価値あることなのか?
まったく、理解に苦しむ。

日米間で協議してるみたいやけど、ことは「安全性」に対する感覚の違いだけに、
そう簡単ではなさそうな。向こうじゃ、
「全頭検査なんて、子供にアルツハイマーの検査をするぐらい無意味」
とか言ってるわけで、
結局、日本が国内の批判を押さえ込んで踏み切る以外、ないんやろうな。
[PR]
by hibinag | 2004-02-11 22:44 | 02.一般ニュース

冬の風物詩(一応)

今日は節分。
が、ここんとこ妻の体調がイマイチなので、今年は簡単に手巻き納豆寿司
ってまた納豆かいっ!

しかも豆まきの豆は、なんと「グリーン豆」。
体調不良と昨日の雨のせいで、今日の夕方、買い物に繰り出した時には
すでに豆まき用のは売り切れだったらしいのだが、それにしても(笑)。

で、今年もやっぱり、ラップに包んでスローイング。
おまけに、サンを早く寝かしつけるため、一人遅れて食事中の私の横で豆をまくわ、
紙製の鬼の面をつけて屋外へ逃げた(ふりをした)妻が戻ってきた後も、
「もう一回する~~~!」と3歳児が泣きわめくわ…。

ピンチ伝統行事。
[PR]
by hibinag | 2004-02-03 22:45 | 01.日常雑記