慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2003年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

よ~く考えよぉ~

♪お金は大事だよぉ~<違

昨夜は帰宅が遅かったこともあり、2時半まで話し合った。
諸条件を考慮し、一応「B」という結論を出した。
はずだった。

が、今朝、妻はまだ悩んでいた。
とはいえ、Aに未練があるのではない。
「繰り上がり当選に縁を感じた」と主張したのは、むしろ私のほうだった。
縁については、補欠になった時点で「ない」というのが妻の考え方だった。
これは感覚の問題だから、話し合って決まることではない。
議論は、「どっちを選ぶほうが我々にとって好都合なのか」という方向へ行った。
サンの性格、小学校に上がる時の状況、園の体制や考え方、学費、保育時間…
いくつもの項目に分けて、一つ一つ「採点」した結果、
Bのほうがよかろうということになった。
少なくとも私は、そう思って床に就いた。

しかし、妻の迷いは消えていなかった。
悩みの種はただ一点。
Aは小人数だけに、何かと親が園の活動に関わることが前提になっている。
例えば、毎月の園児の「誕生会」には、
お母さんたちが集まってケーキを焼く、というようなことだ。
様々な行事があるらしく、相当な親の働きが期待される。

一方、Bは規模が大きく、保育士の数も多い分、
親がそこまで濃密に関わる必要はない。
それを妻は「Bに行かせることで、
自分が楽をしようとしているのではないか」と考えてしまったのだ。

そのことは、昨夜すでに話題に上っており、私は「考え過ぎだ」と否定した。
だが、妻はその思いを拭い切れなかったようだ。

「どうせ何時間か後には結論出さなあかんねんから、とことん悩みぃ」

「悩むな」と言っても無理だと思い、私は妻にそう告げて出勤した。
当然、どういう結論が出ても受け入れるつもりで。

昼過ぎ、電話がかかってきた。
ぎりぎりまで迷って出した結論は、「B」だった。
後で聞いたところでは、妻の親も私の親も実はそう思っていたらしい。
「男の子やから大きい所でもまれたほうがいい」というのが、その主たる理由だった。
私もそう思っていた。
期せずして意見が一致した。
これこそが「縁」なのかもしれぬ。

悩みに悩んだ日々。
しかしそれは、私も妻も承知していたが、実は贅沢な悩みだ。
きっと、親としていい経験をできたのだろうと思う。
そして得た結論は、きっと正しいはずだ。
そう思わなければ。
[PR]
by hibinag | 2003-10-16 21:19 | 01.日常雑記
てなわけで抽選です。

ややこしいんで仮名をつけましょう。
今日、抽選があったほうをA園。
昨日、入園できることになったほうをB園とします。
A園は小人数でこじんまりしており、「自由にのびのび」が基本路線。
一方B園は大人数。ややお勉強チックで「しっかり教育」という雰囲気があるとのこと。

クジはサン自ら引いたらしい。
で、結果は「補欠の2番」。
我が家同様、複数の園に願書を出していて、当選しているにもかかわらず
他の園に入るべく入園を辞退する人が2名出た場合、繰り上げ当選となるという
何ともビミョーな結果だった。

妻は元々Aに行かせたがっていたのだが、
ママ仲間などから情報を収集しているうちに揺らぎ始め、
Bにも出願することに路線変更。
最終的にはAの抽選の結果に委ねることにした。
すなわち、当選すれば「縁がある」と考え、Aにお世話になろうということだ。

で、結果は補欠。
妻はそれを「実質ハズレ」と考えたらしく、
即座に辞退(権利留保せず)を申し出たらしい。
知らせてきた電話で「これでスッキリした」と明るい声で言っていた。

ところが、しばらくしてまた電話が鳴る。
明らかに困惑していた。
聞けば、すぐに辞退者が2名出ることが判明し、園から再考を打診されたのだという。
辞退の申し出があったとはいえ、園からすれば、
順序通りに声をかけるべしと判断したのだろう。

これが、すでに心を決めたはずの妻を再び揺さぶった。
どう結論を出すべきか迷ってしまい、明日の昼まで回答を保留したらしい。
というわけで、決着が半日延びてしまった。
う~む。
[PR]
by hibinag | 2003-10-15 21:22 | 01.日常雑記

とりあえずゲッツ!

先日、朝まで並んで入園の申し込みをした幼稚園で健康診断&面接。
が、平日なので私は不参加。妻がサンを連れて行った。

面接は本人のみで、「この色は何ですか?」みたいな簡単なことを聞かれた模様。
健康診断ともども形式的なもので、
入園そのものは申し込んだ時点で決まっていたと言っていい。

入園金6万円ナリを支払い、「入園許可証」をもらってきた。
許可っちゅー物言いが気に食わないが、とりあえず行き先一つ確保。
明日は、先週面接に行ったほうの抽選。
どうなることやら。
[PR]
by hibinag | 2003-10-14 21:24 | 01.日常雑記

チャリンコデビュー

と言ってもサンではない。妻だ。

妻は山育ちで、実家の周囲は勾配がかなり急な坂道だらけ。
自転車を乗り回すには適さない環境での暮らしが長かったため、
あまり乗ったことがなかった。
少ないとはいえ経験はあるから、正確には純粋な「デビュー」ではないが、
ここ10年ほど乗っていないということだし、
その時も、あんまりこわごわ運転するものだから、
あっちへフラフラこっちへヨロヨロ状態だったらしく、
まあ、デビューといっても差し支えなかろう。

その妻が、一念発起して自転車を買うと言い出した。
もちろん、来春開始予定の、サンの幼稚園の送り迎えを想定してのことだ。
半年前からぼちぼち練習しておこうというわけだ。

先週、近所の自転車店に物色しに行き、
初心者に最適と店員のお兄ちゃんが薦めてくれた一品を購入することに決定。
とにかく安定性重視、その分つくりが特殊、装備もいろいろ付いているため、
自転車としてはかなり割高だが、メインライダーの安心と
同乗者(サン)を含む安全のためにはやむを得ない。

で、取り寄せてもらっていたブツが届いたので、幼稚園面接の後、取りに行った。
直ちに最寄りの公園へ移動し、私がサンを遊ばせている間に、
妻はひたすら公園の周囲の道路で練習。
最初はすべてがぎこちなかったが、
小一時間ほど続けるうちに、そこそこ様にはなった。
ただ、荷物や、ましてや人間を乗せるのはまだまだ不安。精進すべし。
つーか、とりあえずスムーズに右折できるようになってください(笑)。
[PR]
by hibinag | 2003-10-04 21:25 | 01.日常雑記

面接ですよ

先日、幼稚園入園のために深夜から早朝まで並んだ話を書いたが、
幼稚園バトルは、実はまだ終わっていない。

今日は別の幼稚園で面接があった。
元々、妻にとっての第一志望であった幼稚園だが、
先日とは違って、非常にこじんまりしており、
その分というか、定員も少ない。当然、入りにくい。
寒空の下に列をなしたのは、そういった事情からだった。

この園は、定員オーバーの場合は抽選なので、先日のような争いは起こらない。
我々も含め、親たちもスーツなどに身を固めているし、
全体がとても静かで落ち着いた雰囲気だった。
まあ、状況が全く違うから単純には比較できないが。

3人で部屋に入り、子供には名前と年齢、
親には志望動機や子供の病歴なんかを聞かれた。
最近はアレルギーとかの問題があるからだろう。
サンの場合は、熱性痙攣を2度起こしているので、そのあたりの説明をした。

妻は応募人数が気になって仕方がないようで、
面接官である園長と主任の先生に尋ねていた。
在園児にきょうだいがいる場合は優先権が与えられるため、若干のぶれはあるが、
競争率はほぼ2倍程度。例年よりはマシか。
案外、競争の厳しさを敬遠したケースが多かったのかもしれない。

ミソジーズの一人であるIさんちのマイちゃんも受けに来ていた。
順番が我々の次だったので、終わるのを待ってお茶して帰った。
[PR]
by hibinag | 2003-10-04 20:27 | 01.日常雑記
めっちゃ久々にCMにツッコミますです。
今更なネタかもしれませんが、先日、リンク先探してて思い出したもので。


最近流れているAFLACのCMの一つ。
結婚式でギバちゃんがギター片手に歌を披露するんですが、
曲調がめちゃ暗い!
何でマイナーから入るんだよ! メジャーセブンスから入ってけよ!
と思わず言いたくなること請け合いですぜダンナ<誰だ

しかも歌詞が

♪よぉく考えよぉ~、お金は大事だよぉ~

って結婚式で歌っていいのかよそんな歌!?



お前こそよく考えろ柳葉!



目ェ閉じて、♪う~う~、じゃねーって(笑)。



…と散々言っておいて何ですが、実は私、現実に似たような経験がありまして。
妻の先輩(女性)の結婚式の二次会に出席したことがあるんですが、
新郎の友人代表がギターの弾き語りをされまして。
何曲か歌われたと思うんですが、そのうちの1曲が「恋に落ちて」@金妻。
結婚式の二次会になぜ不倫ドラマのテーマ曲か
と疑問に思った人は私だけではないはず(笑)。

歌った人って、ひょっとして新婦との不倫願望があったのかなあ。
確かに美人な奥さんだったし。
でも、その人はモト冬樹みたいでしたが。
「でも」ってことはねーか(笑)。
[PR]
by hibinag | 2003-10-03 21:28 | 08.メディアネタ
~9/30のつづき~

0:00
日付が変わる。ふと空を見上げる。星がきれいだ。

0:10
なにげに人々を観察。客観的に見ると、すげー異様な空間だ。
親って、子供のためならバカになれるのだなあ。
それにしても、ここにいる人のほぼ全員(一部、どう見ても親の親世代の姿あり)に
3歳前後の子供がいるわけで。そう考えるとミョーな集団だ。私もその一人だけど。

しばらくラジオ・サーフィン。

1:00
何年ぶりかで「オールナイトニッポン」のテーマ曲を聴く。おお懐かしい!

1:30
小さくて固い折り畳みイスにずっと腰掛けているのでケツが痛い。

2:00
気分転換に近くのコンビニへ。
携帯の使い捨て充電器を買おうかと思ったが、結局やめる。
阪神百貨店で売り切れていた「ビールかけTシャツ」(黒)を発見。
おお、こんなところに! と一瞬思うが、買わずに戻る。

2:30
ラジオを聞いたり、ウトウトしたり、屈伸運動したりする。
つか、ほかにやることがない。

3:00
職員らしき人が時折出入りするのを見て、一部父兄が騒ぐ。
「何時になるんか、はっきりせーやゴルァ!」ということらしいが、
アンタら、ビールとか持ち込んで、待つ気満々やん。
ここまで待ってんから、もうちょっと大人しい待っとけよ、とか思う。

あ、そうか。ビールがなくなりそうやからキレとるんか(笑)。

3:30
寒さが増してくる。
妻が義母に言付けてくれた魔法瓶のコーヒーをすする。ズズッ。

3:45
思いがけず妻が来る。私の体を気遣い帰宅するよう要請されるが、
「ここまで来て、最後まで見届けずに帰れるかい!」と拒否。

4:05
職員が、正面の教室の扉に「願書受付」の張り紙。
園長いわく、一応「朝」になったと見なして受付を始めるとのこと。
列が動き始める。

4:40
サンの願書提出。検定料2000円ナリを支払い。
ふ~、やっと終わったよ。

5:05
帰宅。
小腹が減ったので、義母お手製のシチューをすする。ズズズッ。
芯まで冷えていたので、生き返った。

5:45
生き返ったのもつかの間、すぐに死ぬ(=寝た)。

7:10
無理やり起床。

7:40
出勤。歩く姿はほとんどアホの坂田。

ああ、生ける屍とは私のことです(爆)。 (終)
[PR]
by hibinag | 2003-10-01 21:30 | 01.日常雑記