慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2003年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

空いてるけど窮屈

今朝の新聞の投書欄に、電車の女性専用車両に関する記事が出ていた。
筆者は76歳の女性。
とある地下鉄の女性専用車両に、あまり意識せずに乗ったところ、
発車間際に、大きな荷物を抱えた老夫婦が乗り込んできたそうだ。

たまたま知り合いの女性がいたらしく、会話に花を咲かせていた老夫婦。
しばらくして、ご主人が女性専用であることに気づき、
「これはいかん。次の駅で乗り換えます」と言った。

知り合いの女性は、「空いてるんだから、いいじゃないですか」と言ったそうだが、
ご主人は、バツが悪そうに、また荷物を抱え、夫婦で隣の車両に移って行ったそうだ。

先日の東京出張の際、私も似たような光景を見た。
新大阪駅に向かうため、JR大阪駅で電車を待っていた時のことだ。
時刻は間もなく午前9時。
朝のラッシュも落ち着き、ホームも、入ってきた電車の中も、さほど混んでいない。

私は、何も考えずに、待ち客があまり並んでいなかった車両に乗り込もうとして、
それが女性専用車両であることに気づき、隣の車両へと回避した。
ガラガラのシートに腰掛け、こんなに空いている状況で、
それでも専用にする意味は何だろうとぼんやり考えながら、
専用車両のほうに目をやると、
やはり気づかずに乗り込んだ男子高校生が視界に入った。
間もなく、彼は事態に気づき、慌ててホームに降り、
改めて乗り直して、私の隣に腰掛けた。

JR西日本(たぶん)のルールでは、その車両は9時までが女性専用だ。
ということは、走っている途中で専用ではなくなる。
あと数分の違いで、その高校生は無駄な困惑を強いられたことになる。

また、JR西日本(たぶん)のルールでは、
夕方5時から再び女性専用車両が復活するのだが、
例えば、4時45分に電車に乗って、目的地に着くまでに5時を越えたら、
男性は一斉に別の車両に移らなければならないのか?
ヘンなの。

例の投稿記事には、
「一握りの変質者のために、電鉄会社も乗客も窮屈な思いをしなければならない」
と書かれていたが、電鉄会社は窮屈な思いをしているのか? ほんとに?

この件については、前々から思うことがあるのだが、
私が男性であるために、書くのをためらっていた。
が、今朝の投稿記事に触発されたことにして、改めて触れてみようと思う。
[PR]
by hibinag | 2003-04-23 22:25 | 03.主張

2歳児の知恵袋

夕食前、自室にいると、サンがリビングから叫びながら走ってきた。



「おと~さ~ん、ちゃいちゃい(風呂)だよ~!」



風呂? エライ唐突やな。なんで?

私が不思議に思っていると、リビングから妻いわく。



「“ジュースが飲みたい”って言うから、
“お風呂から上がってから、お父さんと飲みなさい”って言ったのよ」



策士め(笑)。
[PR]
by hibinag | 2003-04-20 23:26 | 01.日常雑記

エンもユカリも

ある人のサイトを見ていたら、
「今日、家の留守電にヘンなメッセージが入っていた」とあった。

で、突然思い出しました。
私も、かなり前ですが、ケータイの留守電に入ってたことがあります。

声の主は中年とおぼしき男性。
時間帯は夜。割りと遅め。
先方、かなり酔っぱらっている様子。
ちなみに、私はそのとき職場にいました。



あ~、○○ですが。(は? 心当たりのない名前やな)






ええ~~、もう20分以上、待ってます。うぅ。(どこで? つか約束してないし)






あと10分待っても来なかったら~(来なかったら?)










縁を切る。(キッパリ)

(プープープープー…)





どーぞご自由に(笑)。
つか、誰やねんアンタ。
会ったこともない人に、いきなり絶縁宣言されてもなあ(笑)。

それにしても、すっげー前の話のはずなのに、
しかも、ずーっと忘れてたのに、
これだけ鮮明に思い出すとは、
相当インパクトが強かったと思われ。
[PR]
by hibinag | 2003-04-15 22:27 | 01.日常雑記
サッカー大会である。

ピッチデビューから早や半年、いや、まだ半年にもかかわらず、
サンの代表デビュー戦の日がやって来た。
どこの代表かは内緒(笑)。

最近はケガに病気が重なり、調整の遅れが懸念されていたサン選手。
ほとんどぶっつけ本番状態ではあるものの、ようやく熱も下がり、試合出場が決定。

昨日の雨で、試合会場のグラウンドはちょっと軟らかめだったが、
ゲームには支障なさそう。
どちらかというと、全員で1つのボールを追いかけたことのない幼子たちに
試合をさせる
ことのほうが支障がありそうな気がする(笑)。

私も今日初めて知ったのだが、
サンが属するサッカークラブには、兵庫県下にいくつかチームがあるらしく、
それを年齢層別に4チームずつに編成し、トーナメントが組まれていた。

サンは、もちろん一番下の「キッズクラス」で、
幼稚園の年少・年中組までの子供たちとの合同チームだったが、
ほかの子供たちに交じると、ひときわ小さい!
最近、どんどん背も伸びて、大きくなってきたなあと思っていたが、
まだまだチビっ子であることを実感した。

さて、試合のほうですが、意外にゲームになってました。
少し大きい子になると、積極的にボールを取りに行くし、ちゃんとドリブルできる。

とはいえ、フラット3とか4バックとか、そんなものはありゃしません。
つか、キーパーもいません(笑)。
ボールの転がるところに全員が群がるニューサッカー。
さすがのヒディンク(※)も、ここまではできまい(笑)。

で、サンですが、ずっと走り続けてました。
常に集団の大外を回って(笑)。
たまにボールの近くに行っても行き過ぎたり(爆)。
おそらくボールに触ったのは、2、3回でしょう。

私、ビデオで撮影してたんですが、ずっとサンを追いかけてたんで、
そのビデオを見ても、試合の状況はまったく分かりません(笑)。
ボールがほとんど映ってないもんなあ。

でもまあ、元気に走り回れて、本人も楽しかったようだし、よしとしとこう。






※サッカー・前韓国代表監督。2002年W杯決勝トーナメント1回戦のイタリア戦で、1点ビハインドの終盤、一度に6人のFWを投入した
[PR]
by hibinag | 2003-04-13 23:37 | 01.日常雑記
朝、遅めに起きると、
リビングでサンがビデオを見ながら食事をしていた。

メニューはミルクとコーンフレーク。
というと、普通はコーンフレークにミルクをかけるものですが、
うちの2歳児は



コーンフレークをつまみながら
ミルクを飲んでました。




なんか、見てると、まるっきり

昼間っから酒かっくらってるオヤジ

そのものなんですが(笑)。
[PR]
by hibinag | 2003-04-12 19:38 | 01.日常雑記

喫茶店でお茶を

久々の東京出張。
今日は2カ所行かなきゃならない。
で、2カ所目は初めて行くところだったので、
最寄り駅に着いた時には小一時間早かったのだが、
とりあえず場所をつきとめに、雨の中を歩いた。

こういう場合、目的地がなかなか見つからずに往生することが、ままありますが、
今日は意外にもというか、すんなり発見。
まずは一安心。

が、この時点で、約束の時間までまだ30分ほどある。
いくら何でも、今から行っては早すぎる。
てことで、同行した人と喫茶店でお茶でも、ということになった。

が、その周辺には喫茶店らしきものが見当たらない。
目につくのは飲み屋さんばっかり。
ファストフードとかファミレスとかないのかよ~。
吉野家で牛丼食ってる場合じゃないし。
いや、夕方だったんで腹は減ってたけど、そんなもん食っちゃったら、
落ち着きすぎて勤労意欲が減衰するのは目に見えているわけで。

荷物は重いし、雨はだんだん強くなってくるし、参ったなあ…
と思いながら彷徨っていると、ようやく古めかしい店を一軒見つけた。

もー何でもいいや。
つか選択の余地なし。
この際、贅沢は敵だ。
欲しがりません勝つまでは
って、いくら店が古めかしいからって、そこまで溯ってどーする。

~つづく~
[PR]
by hibinag | 2003-04-08 23:40 | 01.日常雑記

アトムの誕生日

今日はアトムの誕生日らしい。
と言っても、もちろんこの人のことじゃないですよ<わかっとる
「きょぉ~、アトムがぁ~、生まれたぁ~」とか<言いません

ちなみにこの方、私ゃてっきり「鉄腕アトム」にちなんだ芸名なのかと思いきや、
ちなんでないどころか、本名なんだそうで。ビックリ。
1946年生まれだから、「鉄腕」より「下條」のほうが57年も早い。
いや、実際に「鉄腕」がこの世に「生まれた」のは1951年ですが、
それでも「下條」のほうが5年早い。

スゴイぞ「下條」。何だかミョーにナイスな感じだ。どーでもいいけど(笑)。



で、アトムといえば手塚治虫。手塚治虫といえば宝塚。
今日は「宝塚ファミリーランド」の閉園日でもあります。
「アトムの誕生日に合わせたんちゃう?」とは妻の説。
なるほど。
わざわざ月曜日に閉園つーところが、怪しいといえば怪しい<怪しい言うな
[PR]
by hibinag | 2003-04-07 21:44 | 08.メディアネタ