慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2002年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

素晴らしき別世界1


人は現実の中を生きている。と同時に、非現実な空間に生きたいという願望も持っている。そして、時々は、そんな場所に身を委ねようとする。

コンサート会場というのは、つまり、そういう気持ちの折り合いをつける場所の一つではないかと思う。

現実と非現実がナンセンスなら、日常と非日常でもいい。「ハレ」と「ケ」。私は今日、何百日ぶりかに「ハレ」の空間に身を置いたのだ。

2002年11月17日、大阪ドーム。開場は午後4時、開演は6時。だが、久々に会う人たちと話す時間も作りたくて、京都から来るいとこの兄貴と、中学からの友人Cと、梅田で2時に待ち合わせた。もう一人の友人Kは、所用で少し遅れるらしい。

外は快晴。このところの寒さはどこへやら、日差しが暖かく、気持ちいい。よりにもよって行楽日和だ(笑)。

待ち合わせ場所に向かう道すがら、ふとヘンなことが頭をよぎる。

ポール、風邪ひいたりしてへんやろなあ。

学生の頃、今はなき大阪球場の横を通りかかった時のこと。人だかりの中から、ハンドスピーカーを通した声が聞こえてきた。「本日のマイケル・ジャクソン公演は、本人体調不良のため、延期させていただきます」

まさかね。つか、そんなこと思い出すなよ。

兄貴&Cと合流。携帯電話がつながるよう、地上の店でお茶。学生時代、京都で暮らしていたCと、京都在住の兄貴がローカルな話で盛り上がる。初対面なのに(笑)。ま、兄貴は昔から気さくな人だし、だから友人たちと一緒でもOKと思ったわけだし。

小一時間後、Kから電話。彼の居場所からだと、梅田に来るより、そのままドームへ出向いたほうがよさそうだ。というわけで、ドーム近くで落ち合うことに。環状線で現場に向かう。

JR大正駅を降りるなり、「券余ってないか?」「券余ってないか?」攻撃。ダフ屋も当社比7割増の勢いだ。

予定より10分ほど遅れたが、無事Kとも合流。ダラダラ話しながら移動していると、すぐ近くで、「今からステッカーを配ります。ご希望の方はこちらへどうぞ!」との声。取り立てて欲しいわけでもなかったが、見ると、列はまだ15人前後。で、とりあえず並んでみたら、即ゲット。ラッキー。でも、どこに貼るの、これ?(笑)


軽く食事しておこうということで、周辺の店をうろうろしてみるが、やはりどこも混んでいる。

一旦、球場の近くまで階段を上がっていくと、すでに開場待ちの客でいっぱい。その前のグッズ売り場もまたしかり。振り返って、階段の上から下を見れば、さっき並んだ列は、文字どおり長蛇の列になっていた。「あんなになってたら、並ばんかったな」と言い合いながら、再び階段を降り、テイクアウトのサンドイッチなどを購入。仕方なく立ったまま食べる。

食べ終わり、再びグッズ売り場へ。お目当ては4人ともコンサート・パンフレット(単価2500円)だ。KとC、兄貴と私の二手に分かれ、人込みに紛れる。私は兄貴のお金を預かり最前列をめざした。

見ていると、パンフを買った人たちは、結構裸のまま持ち運んでいる。しかし、私は手ぶらで来ていたので、ビニール袋が欲しい。小さなバッグしか持ってきていない兄貴もしかりだろう。

ようやく最前列へ出て「2冊ください」とスタッフに告げる。そして、金を渡すタイミングで、「あ、袋、2つください」。

「あの、パンフレットをお買い上げのお客様には…」と明らかに難色を示すスタッフ。やっぱり。お一人様1枚どころか、まったく渡してないのか?

だが、なぜだ? 横に置いてあるじゃないか。袋はモノを入れるためにあるんだろう? 数が足りないおそれでもあるんだろうが、こっちだって、ないと困る。

何にせよ、人が押し合う状態の中で、ゆっくり議論している暇はない。こういう時は、基本的に押したほうが勝ちだ。流れを遮るように私は繰り返した。

「ほかの人の分もあるから、2つね」

「でも…」

ええい、素直じゃないなあ。

「ほかの人の、頼まれて一緒に買ったんですよ。だから、2つないと困るんよ」

私が一歩も引かない姿勢を見せたので、スタッフは渋々、袋を2つくれた。よし! 勝った! 勝ったよポール!

まあ、向こうにすればイヤな客だったかもしれないが、客の立場からすれば、間違ったこと、無茶なことは言っていないはずだ。売り物(パンフ)がたくさんあるんだったら、それに見合うだけの袋も用意しておくのが当然。それが足りないからと言って、客から見える位置に置いておきながら、渡すのを渋るというのは、いかがなものか。

というような話を兄貴としていたら、知らない中年男が寄ってきた。

「あの、ちょっとお聞きしてもいいですか?」

ん? 宗教なら間に合ってるぞ。私は今、幸せです。

「その袋、どこで手に入るんですか?」

なんてこった! どっちかっつーと袋のほうがプレミアつきかよ(笑)。

「そこの売り場でもらいましたよ」

決して「もらえます」と言ってはいけない。なぜなら、彼はもらえないかもしれないからだ。

と、おじさん、もっとすごいことを口にした。

「あ、売ってました?」

いやタダですって!

「いえいえ、もらったんですよ」

「そうですか。どうも」

う~む、何か間違ってるような気が。

グッズ売り場から少し離れた所で、あとの2人とも合流。すると、

「あ、この袋どうした?

なんや、君らもかいな(笑)。いくらライブ仕様のデザインだからって、値打ちこきすぎやぞ>袋
ただのビニールやっちゅーねん。でも、置いといたら価値出るかも<ヲイ


~つづく~
[PR]
by hibinag | 2002-11-17 23:59 | 05-1.Beatles

素晴らしき別世界2

~つづき~


5時が迫る。予定開演時刻まで1時間ばかり。いよいよ会場に入る。

アリーナへの階段を降りながら、急に気持ちが高ぶってくるのを感じた。後方からステージを臨む。あそこに、もうすぐポールが登場するわけやね。

さて、座席は既報のとおり69列目。アリーナ席は全部でだいたい80列前後か。やはり後ろから数えたほうが断トツで速い。トホ。でも、思っていたほどは悪くなかった。いや、決して強がりではなく。

席について間もなく、KとCが「ちょっと前まで見に行ってくるわ」と立った。開演まではまだ小一時間ある。荷物もあることだし、自分も後で、交代して見に行こう。兄貴と私は、席でよもやま話を展開していた。

20分ほどして2人が戻ってきたので、交代して前へ。ところが、警備の兄ちゃんに止められてしまった。

「チケットを拝見します」

「あ、チケット置いてきたわ」(マジ)

「申し訳ございません。ここ(40列)より前へは、チケットのある方のみお通ししております」

「ちょこっと見て、すぐ戻ってくるだけですよ」

「申し訳ありませんが…」

う~む、残念。今度は向こうのほうが正しいので、あっさり諦めた。KとCが行った時は、多少とも時間が早かったので、そこまで厳しくなかったらしい。ま、仕方ないね。何となく雰囲気は分かったし。

15分前、トイレも済ませて準備は万全。開演の6時を迎える。が、動きはなし。スタッフらしき人が、時々ステージに姿を表すと、あちこちで声援と拍手が起こる。会場に流れるBGMが途切れると、また拍手。何だか分からないが、ドキドキしてきた。

6時20分頃、ようやく客席の照明が落ちる。大歓声。だが、ポールはすぐには出てこない。バロックっぽいのや英国紳士風の衣装をつけた人、インドっぽい人、中国武術系、雑技団系、どう見ても勘違いしてるとしか思えない芸者風の女性…。

謎のプレ・ショー。”ALL YOU NEED IS LOVE”を想起させる地球型風船や大きな花の張りぼてや、「自由」「愛情」などと書かれた巨大提灯などが浮かんでは消えていく。

ポールの発案によるものらしく、おそらく「グローバル」みたいなことを表現したかったのだと思うが、オリンピックの開会式みたいで、凡人には理解できませんでした。

そんなのが延々20分ほど続き、一旦席を立った人の何割かが座った頃、ようやく中央のスクリーンにでっかいカールヘフナー(ポールのトレードマークであるバイオリン型ベース)と手を高々と上げるポールのシルエット! 一度落ち着きを取り戻していた客席が、再び揺れる。

スクリーンがゆっくりと上がり、その裏からポール登場。地鳴りのような歓声がドーム中から沸き上がる。


~つづく~
[PR]
by hibinag | 2002-11-17 23:58 | 05-1.Beatles

素晴らしき別世界3

~つづき~


※< >内は、発表時のアーティスト名/収録アルバム(またはシングル)/発表年

01.Hello Goodbye
<ビートルズ/シングル/1967>
オープニングは67年のビートルズのシングル曲。紅茶のおいしい喫茶店は出てきません(笑)。今、「公文式」のCMで使われているナンバー(あれは誰かのカバーだが)。そういえば数年前、ポール自身も公文式のCMに出てたなあ。

キーもテンポもオリジナルどおり。よく声が出ている。そのへんどーなんだろうと気になっていたのだが、まったく問題なし。スゴイわやっぱ。

02.Jet
<ポール・マッカートニー&ウイングス/Band On The Run/1973>
ポールのライブではお約束の曲の1つ。終了後、最初のMC。「オオサカ! モウカリマッカ!?」に場内爆笑。

私が散々コキおろした例のポール特番で、FM802DJの中島ヒロトが「9年前の福岡で”ノットウヤ!?”って言ったらしいから、大阪では”モウカリマッカ!?”って言うんじゃ?」と発言していた。それを聞いて、「アホなことを…」と思っていたのだが、ほんまに言うたでおい! しばし呆気にとられ、「ぼちぼちでんなあ!」と返すタイミングを逸した。つか、大阪でそんな挨拶してる人に、私はまだ会ったことがないんですけど(笑)。

ポールはとにかくサービス精神旺盛というか、ショーマンシップというか、客が喜びそうなことを、時にはくどいほどやりたがる人で、きっと事前に、大阪での「挨拶」を聞いておいたのだろう。その後もことあるごとに、「マイド!」「オオキニ!」を連発していた。最初のうちはウケていたが、そのうち「マイド、好きやなあ」という反応に。さすがのポールも、大阪人が笑いに厳しいことまでは知らなかったようだ(笑)。

ちなみに、初めて「マイド!」と言った時、私が「おおきに!」と返したら、周りの4、5人にウケた(笑)。やっぱ、礼儀として、振られたら返しとかないとね(笑)。最初しくじったしさ(笑)。

03.All My Loving
<ビートルズ/With The Beatles/1963>
2番で、私はコーラスのメロを歌った。つまり、ポールとハモった(笑)。

04.Getting Better
<ビートルズ/Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/1967>
「ステージで初めて演奏するんだ」とポール。ややテンポを落としていた。この曲を初めて聴いた20年前を思い出し、それを今ライブで聴いているのかと思うと、感慨深かった。

今回のステージでは、スクリーンにMCの日本語訳を出すという新しい試みがあり、ポールがそれを説明。

どのタイミングだったか忘れたが、「ライブであることを証明しようか? 今から翻訳のスタッフが知らないことを言うよ」と振ると、スクリーンに「僕が飼っている猫の毛は緑色」と字幕。で、少し遅れてポールが「MY CAT…」(笑)。訳、先出とるやん! とツッコむところだが、おそらくわざとだろう。

いずれにせよ、あらかじめ決まったことを言っていたのか、本当に同時翻訳して文字入力していたのかは不明。

05.Coming Up
<ポール・マッカートニー/McCatney II/1980>
MCは「Everybody,boogie-woogie」。オリジナルよりはアップテンポだが、12年前、東京ドームで観た時と同じぐらい。アレンジもほぼ同じ。

06.Let Me Roll It
<ポール・マッカートニー&ウイングス/Band On The Run/1973>
これはウイングス以来の演奏では? 最初、レコードで聴いた時、声がどうしても沢田研二に聞こえた私は何なんでしょう?(笑)

07.Lonely Road
08.Driving Rain
09.Your Loving Flame

<ポール・マッカートニー/Driving Rain/2001>
この3曲が例の最新アルバムの曲。兄貴とCは聴いてこなかったらしい。私は朝からこの3曲だけをリピートして聴くという、一夜漬けにもならない超浅漬けで予習していたので、そこそこ楽しめた(笑)。つか、1曲ずつ切り出して聴いてみると、悪くないんだよね。それを再発見しただけでも収穫。

でも、周囲はやっぱ、固まってる人が多かったな(笑)。着席しないだけマシか。

09では、ポールは「これは素敵なヘザーの曲だよ。そう、オクサン!」と最後は日本語で。12年前の東京ドームでは、今は亡き前妻を紹介する時、「ウチノカミサン! リンダデス!」とやって拍手喝采を浴びていた。

10.Blackbird
<ビートルズ/The Beatles/1968>
「ここからは僕と君だけの時間だよ」とMC。ポールがアコギ1本で歌うコーナー。バンドのメンバーは退場。

「この曲を作った頃、アメリカでは黒人の市民権問題が起こっていたんだ」と言った後、また日本語で「ジンケンモンダイ」。いろいろ覚えてきたんやなあ。つか、この曲をわざわざ取り上げるあたり、そうしたことについて訴えたいという思いがあったのだろう。

11.Every Night
<ポール・マッカートニー/McCartney/1970>
これもアコギ1本でしっとりと。高校生の頃、兄貴の家で、私がギターのコードを鳴らし、兄貴がベースでアンサンブルしたことがある。その時のベースは今、まったく使われないままで、わが家にある。ああ、もったいない。

12.We Can Work It Out
<ビートルズ/シングル/1965>
これもアコギで。ビートルズのシングルとしては地味なんだろうけど、私は好き。このあたりからビートルズがアーティスティックになってきた気がする。アルバムには入っていないが、ちょうど「Rubber Soul」の頃。スティービー・ワンダーのカバー・バージョンもカッコいい。

13.You Never Give Me Your Money
14.Carry That Weight

<ビートルズ/Abbey Road/1969>
この2曲はメドレーで。サイケ調に彩られたエレピを演奏しながら歌う。もともと14の一部に13のメロが使われているので、メドレーも何ら違和感はない。

15.The Fool On The Hill
<ビートルズ/Magical Mystery Tour/1967>
引き続き、サイケ調エレピで。12年前、同じエレピを弾きながら歌い、その時は、歌詞に出てくる”round,round,round,round…”で、ピアノごと回っていたが、今回は回らなかった。前にやった時、酔ったんだろうか?(笑)

代わりにというか、オリジナルの「MAGICAL MYSTERY TOUR」のワンシーンを後ろのスクリーンに映し出し、最後はポールの目のアップで埋め尽くされた。ちょっと気色悪かった(笑)。

16.Here Today
<ポール・マッカートニー/Tug Of War/1982>
再びアコギ1本で。ジョン・レノンに捧げる曲として82年の「TUG OF WAR」で発表。物悲しい曲調と「you were in my song」の歌詞に、ちょっとウルッときた。

17.Something
<ビートルズ/Abbey Road/1969>
このツアーで取り上げた、自作でない唯一の曲。間もなく1周忌を迎えるジョージ・ハリスンのビートルズ時代のヒットナンバー。ジョージが得意だったウクレレを手に歌う。ちょっと不思議なテンポだった。

終わってから「ジョージがいたら、”違うよポール。こうだよ”って言うよ」と言って、アタマの部分をアップテンポで演奏。「こんなの、できないよ」という表情と仕草で、途中でやめた。

18.Eleanor Rigby
<ビートルズ/Revolver/1966>
ここから、再びバンド編成に戻る。クラシカルな重々しい曲で、後ろのスクリーンにも、オーケストラのような映像が映っていた。

19.Here There And Everywhere
<ビートルズ/Revolver/1966>
私がギターを触り始めた頃、初めてトライした曲の一つ。コードが簡単だったので、って私のことは別にいいですか?(笑)

20.Calico Skies
<ポール・マッカートニー/Flaming Pie/1997>
大阪ドームだけの特別演奏らしい。確かに、先日掲載した東京ドームのセットリストにはなかった。でも、なぜこの曲なのかは不明。

ま、でも嬉しいじゃないですか。97年のアルバム「FLAMING PIE」収録曲。私のイメージは「教会」なんですが。

それにしても、こういう小曲を作らせたら、ポールはほんとにうまいね。

21.Michelle
<ビートルズ/Rubber Soul/1965>
「フランスに行こうかぁ?」という日本語MCでスタート。スクリーンにはフランスの町並などの風景。

22.Band On The Run
<ポール・マッカートニー&ウイングス/Band On The Run/1973>
久々にライブのお約束曲。こういう変化と起伏に激しい曲も、またうまい。発表からもう30年になるけど、ちっとも色あせない。

23.Back In The U.S.S.R.
<ビートルズ/The Beatles/1968>
これもライブではお約束かな。ジェット音のSEが聞こえてきただけで歓声が上がった。コーラスがビーチボーイズのパロディーで盛り上がるし、演奏もしやすいのか、カバーもよくされてます。で、スクリーンには「ソ連」らしき映像が。

24.Maybe I'm Amazed
<ポール・マッカートニー/McCartney/1970>
これもライブでは定番の曲だが、なぜか日本では初登場。聞けて嬉しかった。ラストのアレンジも、私の好きなパターンだったし。

25.Let'em In
<ウイングス/Wings At The Speed Of Sound/1976>
これは、結構地味な曲だと思うんだけど、日本で人気が高いのか、よく演奏されるみたい。

26.My Love
<ポール・マッカートニー&ウイングス/Red Rose Speedway/1973>
「リンダに捧げる曲です」とMC。またウルッときた。こういうのがサラッとできるのって、素敵だと思う。

27.She's Leaving Home
<ビートルズ/Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/1967>
バンドのメンバーが「ポール自身、このツアーで初めてやる曲だよ」と紹介。「Getting Better」もそうだが、「Sgt. Pepper's」の頃は、ビートルズはツアーをやめていたので、ステージでは初めてのものが多くなる。でも、その事情を知っている者としては、逆にそれが妙に感慨深い。ドラマーの大男が、前に出てきてコーラスに参加していた。

28.Can't Buy Me Love
<ビートルズ/A Hard Day's Night/1964>
「みんな、まだ元気かいっ!?」と日本語で。終盤、疲れてくる頃だけに、見透かされた感じで面白かった。つか、ポール自身も疲れてきてたかも(笑)。

29.Live And Let Die
<ポール・マッカートニー&ウイングス/シングル/1973>
マグネシウム焚きまくりの派手な演出は、ウイングス時代からのお約束。最後にドカーン! と上がった後、立ち上がり、演奏していたピアノにもたれかかって、両手を広げたり(いわゆる「Oh,no」ポーズ、って何がいわゆるなんだか)、立ち込める煙を手で払う仕草をしたり、胸に手を当ててしかめっ面をしてみたり。「心臓に悪いよ」とでも言っている感じで、相変わらずの茶目っ気が微笑ましかった。

30.Let It Be
<ビートルズ/Let It Be/1970>
私とビートルズとの出会いの曲。Kが、ある日の音楽の時間、授業が始まる前にピアノでこの曲の前奏を弾いた。それがすべての始まりだった。そのKは今、私の隣りの席にいる。20年が、一気に駆け巡る。不思議。

31.Hey Jude
<ビートルズ/シングル/1968>
これもお約束のオーディエンス大合唱。「Only men! オトコダケ!」「オンナダケ!」と客を煽る。女性客だけに歌わせている間は、片手を腰に、もう一方を頭の後ろにやり、腰をくねらせ「セクシーポーズ」。最後、客席を指さしながら「You're great!」を繰り返すのは、前と同じ。

私は、ここまでですでに歌い過ぎ叫び過ぎで、肝心の時に声が引っ繰り返りそうでした(笑)。でも、正直、大合唱は、12年前のほうが感動したな。前回は初めてだったのと、今回はそれを知っているだけに、期待し過ぎてたのかも。

ここで「第1部」終了。


~つづく~
[PR]
by hibinag | 2002-11-17 23:57 | 05-1.Beatles

素晴らしき別世界4

~つづき~


<アンコール1回目>
日章旗を手に登場。ステージの端まで行き、盛んに旗を振っていた。その後、ピアノの前へ。

32.The Long And Winding Road
<ビートルズ/Let It Be/1970>
オリジナルは前奏のない曲。軽くピアノを鳴らしてから歌う入り方は、やはり12年前と同じ。スクリーンには、歌詞どおり、長く、曲がりくねった道。

33.Lady Madonna
<ビートルズ/シングル/1968>
ギタリストが、オリジナルではサックスの部分を、ギターで演奏。おお、こんな音も出るのか! って、21世紀に生きてる人間がそんなことで驚いてはいけないが、この曲ができた68年当時に思いを馳せた時、技術はものすごく進歩して、でも、その時と同じ人がステージにいるという事実が、驚きとも喜びともつかぬ感情を沸き上がらせる。

34.I Saw Her Standing There
<ビートルズ/Please Please Me/1963>
「みんな、まだ元気かいっ!?」はこっちだったかも。記憶だけで書いているので忘れました。ほかにも、所々、間違いがあるかもしれません。

<アンコール2回目>
35.Yesterday

<ビートルズ/Help!/1965>
もちろんアコギ1本で。もうこれで聞き納めのような気がして、じっくり聞いた。ギターのピックガードが上に付いており(右利き用)、エピフォンのロゴが入っていた。表面が一部めくれており、相当古そう。ビートルズ時代のやつだったのかな?

36.Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band(Reprise)
<ビートルズ/Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/1967>
37.The End
<ビートルズ/Abbey Road/1969>
最後はメドレーで。

曲に入る前、「もう帰らなくちゃ」に客席のあちこちから「No!」の声。もちろん私も言いました(笑)。

腕時計を指さし、次に手を合わせて、首を傾げながら頬の横に持ってきて、「寝る」ことを表す仕草(「帰って寝る時間だよ」という意味)をするポール。ビートルズの東京公演の時と同じだ。おそらく彼は、何十回、何百回と、この仕草をしてきたに違いない。

そして、ここ10年ぐらい、私が座右の銘にしている「THE END」の歌詞。
”and in the end,the love you take is equal to the love you make”
(結局、君が受け取る愛は、君が与える愛に等しい)
万感の思いでポールと一緒に歌った。

それにしても、ほんとにスゴかったよポール。37曲! 2時間半、ほぼ出ずっぱり! みんな言っていたが、ほんとに還暦なんでしょうか?(笑) 最近の写真を見るたび、さすがにおじいちゃんになってきたなあと思っていたが、ステージに上がると、あんなにも若々しくなるのだ。声も最後まで安定していたし、やはり、ただのおじさんではありません。これがプロというものなのかもしれぬ。改めて感服。

バンドのメンバーと手を取り合い、オーディエンスの声援に応えるポール。その姿を見て思わず「ありがとう!」と叫んだ。叫ばずにはいられなかった。

ポールが元気で、日本に、しかも大阪に来てくれて、もちろん僕らもみんな元気で、ファンクラブからたまたまお知らせが来て、たまたま日曜日の公演があって(東京だったら平日だけだった)。

その前に、20年前、たまたま彼の曲に出会って、好きになって、どんどんのめり込んで、それを20年後の今も好きで、同じように好きでい続けた仲間がいて。

素晴らしい偶然の重なりに感謝。

人波に押されるように、会場の外へ出た。と、出入り口の脇で、例のビニール袋を無料配布!<当たり前だ
あるんやん。そんなオチ、つけてくれんでええっちゅーねん。

帰りはすごい人だった。ライブは9時15分頃に終了したと記憶しているが、梅田に戻った時には、10時を過ぎていた。家の遠い兄貴とCは、残念ながらそのまま直帰。Kと私は焼き鳥屋で1時間ほど飲んで帰った。

帰りの電車で、席に座ってパンフを眺めていると、向かいの席に座った夫婦らしき男女も、同じ袋を持っていた。「あの曲は、やらなかったね」などと話している。

ここにもまた、素敵な異空間体験をした人たちがいる。私は、その声を聞くとはなしに聞きながら、パンフを眺め続けていた。
[PR]
by hibinag | 2002-11-17 23:56 | 05-1.Beatles