慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:04.スポーツ( 22 )

にわかですが何か?

■植田ジャパン、16年ぶりの五輪出場!(サンケイスポーツ)

正直、今日の試合しか見てないんですけどね。
今日勝てばオリンピックっていうのは知ってたんで、見ました。


泣きました。


ええ、にわかですよ。
この16年間の苦労とか全然知らないですよ。
でも、あれは泣きますわ。泣けますわ。

関係者の皆様、おめでとうございます。
それと、ええもん見せてもろて、ありがとうございます。

スポーツで男泣き。
いいよね。
[PR]
by hibinag | 2008-06-08 00:00 | 04.スポーツ

ティーボールですよ!

いただきました、星3つです!←いや分かりにくいし
それはさておき。

サンが通っている小学校で、月1回練習があるとのことで、行ってみた。
聞いた話では、親も参加できるとのことだったが、行ってみたら子供がいっぱい。
大人の入る余地などまるでなかったので、写真撮影に回ることにした。

e0061584_2323680.jpg

で、ティーボールって何やねん? ということであるが、
要は野球の変形で、ピッチャーが投げる代わりに、
ホームベース付近に写真のようなティーを置き、
そこにボールを置いて打つというもので、要するに誰でも打てるのがミソ。
ボールも軟らかいものなので、小さな子供でもプレーできる。

これを機に、ちょっと調べてみたら、日本ティーボール協会なるものもちゃんとある。
小学生の全国大会も開催されてたりして、けっこう本格的のような。

サンは、とりあえず見学という名目だったが、試合に参加させてもらった。
ルールでは、1チーム10~15人編成で、守備は10人とのことだが、
今日は全員が守備についていた。
一番上は5年生もいるので、サンなどは完全にごまめさん扱いで、
ほとんど打球の飛んでこない右中間あたりを守らされて所在なさげだったが、
打つ方は、トータル3打席で、最後はヒット性の打球を飛ばし、
守備陣がもたついている間にベースを1周してきた。

まあ、けっこう楽しかったらしく、またやりたいと言っていたが、
確かに見ているだけではつまらないわけで、
1回ぐらい打ってみたかったなあ、とか思ったり。
いや、簡単そうに見えるけど、意外に難しいかもしんないし。
[PR]
by hibinag | 2007-07-07 23:01 | 04.スポーツ

地に足つけて、一歩ずつ

この時期、毎年の恒例行事なんですが、昨日、地域のマラソン大会がありまして。

結婚するちょっと前から、妻と二人で参加したり、友人知人も一緒に参加したり、
一人で参加したり、あるいは参加しなかったりと、いろいろあったんですが、
今年、新しいパターンで出場しました。

それはすなわち、親子3人、ってやつで。

この大会、上はハーフから10km、5kmといろんな距離があるんですが、
一番短いのが「ファミリーコース」と呼ばれる3km。
これ、子供は6歳以上から参加可というわけで、サンも晴れて初参加となった次第。
まあ、本人はおそらく望んでなかっただろうけど(笑)、
私と妻にとって、子供と一緒に参加するのは、言わばささやかな夢で、
それが今年、ようやく実現したわけです。

前日は雨模様だったけど、昨日は天気もよく、絶好のランニング日和。
毎年、不思議とこの大会の日は好天に恵まれているような気がする。
ちょうど花見のシーズンでもあるので、いい感じなんです、いつも。
会場となるグラウンド周辺にも桜の木が多く、花見目当てで来る人も多数だったり。

で、マラソンの方ですが。

わずか3kmといえども、子供にとっては結構な距離だし、もちろん走破した経験もないから、
途中でしんどいだの、もう走れないだの言い出すことは織り込んでました。
あと、子供ってのは、うちの子に限らず、ペース配分という概念がない。
一気にダッシュしては途中でバテるなんてことはザラなんで、それも想定内だったんです。

ところが。

スタート前に「安易にしんどいと言ってはいけない」と母親に釘を刺されたのが効いたのか、
予想に反して黙々と足を運び、何と一度も止まることなく、見事に完走!
終わった後、「キツかった~」とは言っていましたが、
24分台というなかなかのタイムで走り切っちゃいました。

何よりも、ゆっくりながらもペースを守ってゴールまでたどり着いたのには驚いた。
我が子ながら、ちょっと感心。
そして、息子と一緒に走れたことを誇らしく思えました。

一時期は複数の大会に出場していた私ら夫婦ですが、最近は専らこの大会のみ。
というわけで、次回はまた来年ということになるかと。
今から、ちょっと楽しみだな。

ただ、サンは昨夜、「もうマラソンはいいわ」と言ってたみたいだけど(笑)。
[PR]
by hibinag | 2007-04-09 16:03 | 04.スポーツ

今日のスポーツ中継

まずは毎日放送。
13:00試合開始の横浜-阪神戦の中継。
e0061584_217128.jpg

ん? 何で1時間中断するん?
何か、ものすご~く大事な番組でも?










e0061584_217459.jpg

さまぁ~ずかよっ!←三村風

そんなん、わざわざ挟まんでもええがな。
てか、間違ってる。編成が絶対間違ってるよ毎日放送。


続いて地元・神戸のサンテレビ。
e0061584_2185520.jpg

夕方6時から関西学生アメフトのゲームを生中継。
そっか、もうそんな季節になったか。










e0061584_2191837.jpg

って、何で実況がタージンやねんっ!?
しかも本職のゆあぴー(リポーターの湯浅アナ)を差し置いて。

と思って、つい観てしまいましたよ(笑)。
何かサンテレビの策略にはまった気がしないでもないけど、
まあ、日頃タイガース中継でお世話になってますし。

それはともかく、放送は至って真面目というかフツーやったけど、
あのタージンの甲高い声を聴いてると、ついつい

「QBの○○くんは、三宮の焼き鳥屋さんでアルバイトをしておりまして、このお店がまた非常においしくてサラリーマンにも大変人気のお店でございまして、店長さんのお話によりますと特にズリがおすすめなんだそうで、テレビをご覧の皆さんにもぜひ一度食べていただきたいと思うのでありますが、何がどうおすすめなのかと申しますと、このズリ、何と淡路の養鶏場から産地直送のニワトリさんのお肉だけを使っているそうでございまして…」

とかアメフトとは全然関係ない情報コーナーがいつ始まるのかと思って、
イマイチ試合に集中できなかったyo。
[PR]
by hibinag | 2006-09-03 21:12 | 04.スポーツ
ジーコジャパン、ワールドカップ1次リーグ敗退。
ブラジルを相手に奇跡は起こらず。

でもまあ、奇跡が起こらなきゃ勝てないってことは、
「奇跡を起こせ!」と口にした時点で、ほぼダメってことだ。
世界最強チームに対して奇跡が起こることを願うなら、
その前に何とかしなきゃならなかったし、何とかなったかもしれない。

「最後まで諦めるな!」という精神を否定しているのではない。
けど、やるべきこと、できることをきちんとやっておかなければ、
やっぱり奇跡なんてものは、そうそう起こるもんじゃない。
そんなものだと思う。

ところで。

負けたから言うわけじゃないけど、大会前から一つ疑問があった。
日本は、当たり前のように決勝トーナメントに進めるチームなのか?
サッカーは詳しくないから、実力のほどをどう推し量るのか、
その術が分からなかったのだが、「ほんまに、そんな強いの?」と。

前回のベスト16入りを受けてのことだと思うが、
マスコミ報道はずっと、「前回以上」を求め続けていたように思う。
そして、それは「目標」には違いなかったのだろうけど、
いつしか「義務」にすり替わっていったような印象がある。

もし、先の疑問に対する答えが「ノー」なのだとしたら、
何も悲嘆にくれる必要などないのではないだろうか。
その通りの結果になっただけのことなのだから。

だいたい、世界の強豪と言われる国だって、簡単に勝ち抜ける大会ではない。
今回は割合順当に勝ち上がっているようだが、
前回の日韓大会ではフランスやアルゼンチンが1次リーグで去った。
オランダは本大会出場すら叶わなかった。
それがワールドカップなのだ。と思う。

日本は過去、ブラジルと7度戦って2分け5敗。
勝ったことがないどころか、リードすらしたことがない──。
昨夜、試合前にそんな情報を聞いた。
とすれば、初めて先に点を取ってリードを奪い、
一瞬でも王者を慌てさせたかもしれない今回は、間違いなく一歩前進だ。

結果は結果。負けは負け。
終わった事実は、もう変えようがない。
それは、ブラジルがワールドカップで10試合ぶりに失点した
という事実についても同様だ。

たかだか3度目の大舞台。
日本代表が獲得しなければならない経験値は、まだまだ多い。
[PR]
by hibinag | 2006-06-23 12:50 | 04.スポーツ
サッカーワールドカップ。
初戦、オーストラリアに後半39分までリードするも逆転負け。
う~ん、オーストラリアには相性が悪いなあ。
アテネ五輪の野球を思い出しちまったよ。

勿体ない敗戦。それは間違いない。
けど結局、最後の10分の体力がなかったってことかな。
カラダというより、アタマの体力がね。

でも、オレはこういう試合、日ごろ見慣れてるからね。
阪神でいうところの久保田炎上ってやつですよ。
1-0で9回に登板して3失点みたいな。笑えねえけどさ。
まあ、勝負は下駄を履くまで分からんっちゅーことですな。

だから、まだ諦める必要もないわけで。
何が起こるか分かりませんから。
とりあえずWBC魂で。
どんな魂かは聞かないでおくれ。

【蛇足】
阪神のジェフは、やっぱオーストラリアを応援したんやろか。
JFK仲間割れはやめてや~。
[PR]
by hibinag | 2006-06-13 00:41 | 04.スポーツ
■新「チーム青森」スタート(時事通信)
カーリングの小野寺、林両選手が「当分休養」ってことで、
「チーム青森」に新メンバーが入ったそうな。

たぶん、つか間違いなく、メンバー交代のニュースなんて、
いまだかつてカーリング界にはなかったことでしょうね。
トリノ五輪から3ヶ月余り。
それだけ有名になり、また人々の心にも残ったということだけど、
何か、記事の写真を見てると、「人気バンドに新メンバー加入」みたいな気分。

新しく入った山浦さんは、さしずめストーンズ参加時のロン・ウッドの心境か?
それはないか(笑)。
てか、たとえが古いな(汗)。
ま、一応、「石」つながりってことで←ヲイ
[PR]
by hibinag | 2006-06-01 17:05 | 04.スポーツ
■チーム青森、初日は1勝1敗(東奥日報)
私の中のカーリング熱が一過性のものではないことを示すために
こんな記事を紹介してみるわけですが、こちらの記事によると、
チーム青森の皆さんは、五輪後は1日しか練習できなかったらしい。

それにしても
「徹夜組も含め県内外からファンが殺到」
「観客の入れ替えを行いながら、計400人余りが氷上の熱い戦いを観戦」
とか言われると、何となく嬉しい反面、猛烈に羨ましい。
オレも試合観てえーーーーっ!
ナマが無理ならせめてテレビででも。

そんなわけで、どっかの放送局さん、中継してくれんかなあ。
別に録画で深夜枠でもいいからさ。
今なら結構、視聴者の食いつきもいいと思うし、
逆に、今のうちにやっとくべきだと思うんだけど。

【トリノつながりで今日の蛇足】
■荒川選手もびっくり?「イナバウアーをする」カメ(ANN)
これ、テレビで2回ぐらい観たんだけど、
私には動物虐待にしか見えません。
普通にエサやれって。
イナバウアー云々以前の問題です。

てか、前にも書いたけど、
イナバウアーは「体を反らす技」じゃないですから!
公共の電波使っていい加減な情報を伝播しないように。
それはデンパの使い方を間違ってるということだからね。
[PR]
by hibinag | 2006-03-08 20:17 | 04.スポーツ

手抜きですんません

今日はこちらでお願いします。

久々に別館で更新したんですよ、ええ。
あちらは阪神およびプロ野球ネタってことで書いてまして、
今回のは題材だけで判断して向こうに回したんですが、
よく考えると全然野球ネタじゃなかったりしまして(笑)。

でも、もう書いちゃったし、
よろしければお手数ですが見に行っていただければ。

あ、別館はですね、奥の渡り廊下を渡りまして、
そのまま進んで右に折れていただかなくてもいいです←ヲイ
上のリンク先から一気にワープって感じでひとつ。
[PR]
by hibinag | 2006-03-02 12:35 | 04.スポーツ
別にオリンピックが終わって燃え尽きたわけではなく、
単に忙しかっただけだったりする南出です、いなばうわ
あ、違った、こんばんわ。
むぅ、月も変わったっちゅーに、まだ引きずっとるな。

荒川さんが金メダル獲ってからこっち、
耳に挟まる率急上昇な「イナバウアー」
あれって、体を反らす技、ということではないそうですね。
踵と踵が合わさるように、足先が逆を向く形のことらしいです。

まあ、正確には知らないんですけど、そういうことらしくて、
だから、あの技はもはや「アラカワ」なんですよ。
鉄棒の「モリスエ」みたいなもんで。
いや、「モリスエ」がどういう技だかはさっぱりなんですが。

それはさておきイナバウアー。
「これ、絶対、流行語大賞やなあ」と妻。
うむ、確かにその可能性は十分あるんだが。
「でもなあ、まだ2月やろ。年末には印象薄くなってるやろなあ」
という私の意見に妻も同意してましたが、そうならないためには、
荒川さん本人より、むしろ芸人さんあたりにかかってそうな。

有名なたけしの「コマネチ!」じゃないけど、
何かギャグというか、つかみというか、誰かがネタで使い続けて、
それがこの1年もてば大賞も夢ではないかな、と。
そういう意味で、いい響きなんですイナバウアー。
歯切れもいいし語呂もいい。いろんな場面でイナバウアー。
もう誰か使ってる人いますかね?

もっとも、金メダリストにとっては、
流行語大賞なんてどっちでもいいでしょうけどね。
[PR]
by hibinag | 2006-03-01 23:59 | 04.スポーツ