慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:08.メディアネタ( 32 )

惜しい

NHKの「その時歴史が動いた」が3月で終わるらしい(記事リンク)。

残念やなあ。
毎回、見ていたわけではないけど、結構好きな番組やったのに。
惜しい。

それはさておき、後番組の「歴史秘話ヒストリア」って、前に見たことあるぞ。
たしか去年の夏ごろ、「その時歴史が動いた」の時間帯で。
単発でやってたのをレギュラーにしようってことなのかな。

まあ、NHKは昔から、こういう歴史ものは必ずやるから、
4月からはそっちに期待をかけてみるか。
[PR]
by hibinag | 2009-01-16 13:19 | 08.メディアネタ

M-1グランプリ

いやあ、よかった。
私イチオシのNON STYLEが優勝。
ほらほら、これ証拠←やらしい

けど、今年は去年、一昨年ほどの大爆発はなかったかなあ。
まあ、こればっかりは好みやからしゃあないけどね。
何か、我ながら上から目線なのがヤな感じですけど。
[PR]
by hibinag | 2008-12-21 21:09 | 08.メディアネタ

2つの大河

一昨日、NHK大河ドラマ「篤姫」が終了。
ラスト5話分を2層式DVDに焼いた。
これで第1回から最終回(第50回)まで全話完結。
10枚で「DVD完全版」を完成させた。
まだ総集編が残ってはいるが、一応コンプリート。
今度いつ見るのか分からないコレクションが手元に残った。

一方、以前から書いている漫画「MAJOR」を読み始めた。
ふとしたきっかけで、とある筋から借りられることになったのだ。
昨日試してみたら帰りの電車で余裕で単行本1冊を読み切れた。

最新刊が第70巻に達するという、こちらも立派な大河ドラマ。
閲読はこれからも、おそらく通勤時が中心になると思うが、
休日などを利用すれば案外早く読んでしまえるかもしれない。
ただ、こちらはまだ連載が終わっていないし、
単行本も毎月のように出ているみたいなので、まずは追いつくところからかな。

ちなみに昨夜、サンに少し見せたら、ものすごく興味を持ってしまった。
漢字にはルビが振ってあるので、一応、読めることは読めるわけだ。
ただ、ものすごーく時間がかかるし、たぶん意味が分からない個所もあるし、
何より借り物はできるだけ早めに返すに限るんで待ってられない。

今は少しでも読み進めたい気分マックスなので、その気持ちに従うのだ。
サンには、先週末に封切られた劇場版アニメで当面ガマンさせとこ。
でも、もしかしたら近い将来、少しずつ買い集めることになるかも(笑)。
まあ、それはそれでいいけどね。
[PR]
by hibinag | 2008-12-16 18:18 | 08.メディアネタ

年末のお楽しみ

今年のM-1グランプリの決勝進出者が決まったそうな(記事リンク)。

このメンツでいくと、個人的な今年の期待はNON STYLEかな。
最近よく見る中では断トツに面白い。南出イチオシ。
まあ、結果はどうなるか分からんけど、楽しみやね今年も。

それと、今年は開催が21日とちょっと早めで助かったわ。
「篤姫」の総集編と放送がかぶったらどうしようかと思ってたんで。
本編は次週がいよいよ最終回。
ここまで全話録画済み。
ここまで来たら総集編も込みで完結したいもんねえ。

それにしても「篤姫」関連の番組がここへ来て最後の盛り上がりの様相。
今週金曜日のスタジオパークのゲストが宮崎あおい。
総集編放送期間中(26~28日)の27日には「トーク&コンサート」なる番組も。
来週の最終回も70分拡大版だから、今までの毎週録画じゃダメだし、
おいオレ録画忘れるなよ、時間間違えるなよ強化月間だよ。

なんて思いながらNHKのHP見に行ったら、明後日の「SONGS」、ミスチルやん。
そういえば妻が毎週見ている「風のガーデン」も、おそらくもうすぐ最終回やし、
こりゃあますますミスるなよ強化月間だな。
[PR]
by hibinag | 2008-12-08 13:32 | 08.メディアネタ

失礼

この記事が気になる。

いや、誰が何キロ太ろうが、そんなことはどうでもいい。
気になるのは「和製」という言葉の使い方。
本来であれば、「和製ビヨンセ」は「ビヨンセばりに歌がうまい」とか、そういう意味合いになるはず。
いや、ビヨンセの歌がうまいのかどうかは、実はよく知らんのだけれど、
ともかく歌なり演技なり、その人の本業の部分で使われるべき言葉だと思う。

つまり、この使い方は間違ってると思う。
そりゃちょっと本家に失礼だろ、と。

渡辺直美が芸人だから、という意味ではない。
彼女のは「エア芸」であって、自分で歌ってるわけじゃないんだから、
「和製」の定義に当てはめるのはヘンだろ、ということが言いたいだけだ。

ちなみにあの手の芸、イマイチ面白さが分からない。
似てる似てないも分からんのだが、それ以前にどこで笑ったらいいのかが分からない。
どうも私のツボとは違うらしい。
ま、どうでもいいんだけど。
[PR]
by hibinag | 2008-11-14 12:31 | 08.メディアネタ

似てる

ラジ・バンダリと阪神・リンちゃんの声&喋り方。
前から思ってたんだけど、絶対、似てる。


「バット振ったりぃ、見送ったりぃ、ラジ・バンダリ!」


ほら、ね←「ね」じゃねえ
[PR]
by hibinag | 2008-10-15 12:24 | 08.メディアネタ

まっちゃうまいっ!

e0061584_22375079.jpg

喜久水庵の「抹茶クリーム大福」。
去年のM-1王者・サンドウィッチマンが「花まるマーケット」に出演した時、
「おめざ」として紹介していた仙台銘菓。
その時から美味そうだなあと思っていたのだが、
たまたま妻がとあるルートから入手した。

ちょうどサンドウィッチマンが「徹子の部屋」に出演した先週金曜日、
妻が録画してくれた番組を見ながら食べたのだが、
予想通りというか、予想を上回る美味さだった。
てか、阪神が好調なのと金本の2000本安打絡みがあったんでアップが1週間遅れたよ(笑)。

ま、それはさておき、これ、おすすめ。
てか、また食いてえ。
ちなみに中味の写真も撮ろうとしたんですが、普通に撮ると普通の饅頭だし、
軟らかすぎてキレイな断面が作れなかったんで、残念ながら断念しました。
いや、駄洒落じゃないってば。
[PR]
by hibinag | 2008-04-19 22:40 | 08.メディアネタ

♪ややこしやー

ややこしやー♪(チーン)


あ、いや、NHKの子供番組の話じゃなくて。
「R-1ぐらんぷり」で連覇したなだぎ武のネタですわ。
生で見て笑ろて、すぐに録画したやつ見て笑ろて。
おまけに夜の「レッドカーペット」で2回見て2回とも笑ろて。
おんなじネタで1日4回も笑いましたが、何か?
[PR]
by hibinag | 2008-02-17 23:20 | 08.メディアネタ

づるづる。

■本田医師“そばすすり音”が着信音に(スポーツニッポン)
まず断っておくが、着信音には全く興味がない。
てか、こういうのを着信音にする感性が私には分からないんですが。

それはさておき、何と言うか、軽率だなあという印象。
こんな人に心身を委ねて朝青龍は大丈夫だったのかとか思うのは余計なお世話ですね、ハイ。

ま、好きにしてくれたらいいんだけど、
世界の王さんがちょっと絡んでる風味なのが残念でね。
娘は、ましてやその婚約者は別人格とはいえ、球界の至宝の周りをうろちょろすんなと。
[PR]
by hibinag | 2008-02-15 15:48 | 08.メディアネタ
■江原啓之の「霊視」に矛盾 霊視した父はご存命だった(アメーバニュース)
私はたぶん、疑り深い性分だと思う。
なので、占いとか霊視とかいうものはにわかに信じることができないし、
そういうものをエンターテインメントとして楽しめる気質も持ち合わせていないので、
その手のものを扱ったモノたちに対して、あまり触れたいとは思わない。
まして、適切に表現できているかどうか分からないが、科学的に、あるいは論理的に
根拠を示したり証明したりできないことを金儲けの原資にすることには違和感を覚える。

私は、エハラさんの番組は見たことがないが、妻はたまに見ているようで、
先日も陣内智則が出演した際の話を聞かせてくれたりした。
もう忘れちゃったけど(笑)。
まあ、妻はある種のエンターテインメントとして楽しんでいるわけで、
自分の妻だから言うわけではないが、それ自体は決して悪いとは思わない。

ただ、話を聞く限りにおいて、私はそこに「芸がある」とは思えない。
だから、上のような理由と相まって、私には見る価値を見出すことができない。
仮に見たとしても、おそらく「いい加減なことを言っている」と感じて、
批判的なテンションが上昇して気分が悪くなるのは目に見えている。
だから、見ない。
その方が自分の身のためだからだ。

今回の記事によって、私は溜飲を下げたわけではない。
単に「ほら、やっぱりウソついとるやんか」という感じでもない。
エンターテインメントとして、この番組の場合は「泣かせる」ことがコンセプトのようだが、
その目的を達成するためなら、脚色ぐらいあっても全然構わないと思う。

ただ、しつこいようだが、それはエンターテインメントだから許されるのであって、
その結果として、他人に生き方や考え方を押し付けたり、改名を強要したり、
挙句の果てには「言うとおりにしないと地獄へ堕ちるよ」などと言うのは、
世間でよく問題になる怪しい宗教団体の活動みたいな感じがすげえするわけで。

え? それはエハラさんじゃないって?
ええ、分かってますよ。
でも、私に言わせれば同じアナのナントカで、だからわざと混同してるんです。

それはともかくこの記事の件、端的に言うなら、
「他人のことをとやかく言う前に、自分の守護霊に祈っておくべきだったね」
ってことかな。
でないと地獄へ以下略。

う~む、「オチ」としては最悪だな(笑)。
[PR]
by hibinag | 2008-01-24 23:32 | 08.メディアネタ