慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ちょっぴりカミングアウト

痛いなあ。

いや、試合に負けたのも多少は痛いけど、それよりも平野の負傷が痛い。
軽傷であればいいんだけど…。

てな虎ネタは今日は軽めにしておいて。
まるっきり話題を変えて、ドラマの話。
野球シーズンが始まると、どうしても興味の優先順位がそっちへ行きがちになるが、
今年はちょっとばかり事情が違う。

大河ドラマ「篤姫」は、第1回からずっと録画しながら見ている。
5話ずつ収録している2層DVDは、すでに4枚たまった。
例のアスペクト問題は相変わらずだが、アウトの時は土曜日の再放送で対応。
どういう時に異変が起こるか傾向は分かってきたので、最近はあまり気にしていない。
根本的な解決にはなっていないけど、まあいいか、てな感じで。
将軍家定のキャラクターと篤姫の関係がどんなふうに描かれるのか、
ストーリー展開もますます楽しみになってきた。

NHKドラマはもう一つ、木曜放送の「バッテリー」も見ている。
まあ、原作が話題だったし、映画化もされたけど見てないし、
どんな作品なのかちょっと見てみるか的なノリで見出したのだが、
こっちは正直、見ていて若干しんどい。
原作が児童文学だし、ストーリーとしてはまずまずなんだけど、
とにかく中学生たちの演技が…。とりわけセリフ回しがなあ…。
野球のフォームなんかはそこそこ様になってて、練習したんだろうなあと思うけど。
子供たちに引っ張られているのか、大人の役者さんまでぎこちなく見えるのは気のせい?
とはいえ乗りかかった船なんで、あと3回、見届けることになるでしょう。

とまあ、相変わらずNHKづいているわけだが、実はもう一つ見ているドラマがある。
気分的には、おそらく一番ハマッているかもしれない。
そのドラマとは「野ブタ。をプロデュース」。
何だよ、2年半前の過去作品じゃねーかよ、てな感じだが、
今、土曜の昼に再放送をやっていて、ほんと偶然にも第1話を見ちゃったのが運のツキ。
さらに悪い(?)ことに、第2話と連チャンだったもんだから、
一気に持っていかれてしまいましたのよこれが。
てか40過ぎのおっさんがこんなドラマにハマッちゃダメですか?(泣)←なぜ泣く

見出してからウィキペディアとかで調べたんだけど、
このドラマ、脚本とかが結構評価高かったらしく、
なるほど引き込まれてしまったのも無理ないかとか思ったり。
放送のたびに、いちいち「このドラマは2005年に制作されたものです」と
テロップが出るのがちょっとシャクではあるが、かつては
「どっちが修二でどっちが彰か分からない」とか言ってた俺が、
今じゃあバッチリ区別できる(←当たり前だ)んだから、人生なんて分からんもんだなあ。
いや、この程度で人生語るってのもナンだけど。

ただ、これを見出してから一つ困ったことがあって、
私は残す残さないにかかわらず、ドラマは必ず録画しながら見るんだけど、
放送時間が「篤姫」の再放送とかぶっちゃうんですよ、これが。
大河の場合、例のアスペクト問題が起こった回は、どうしても録り直さなきゃならない。
日曜の夜1度見たんなら別にええやんかと言われそうだけど、
もう20話まで録りためたものを今さらやめれないんですよ性分として。

で、一方「野ブタ。」はどうかというと、
土曜の午後って結構出掛けることが多かったりするので、
個人的慣習を抜きにしても、やっぱり録画せざるを得なかったりする。
でも我が家のHDDレコーダーはシングルチューナーなんで1つしか録れないわけです。

そんなわけで、デジタルで残す必要のある大河はHDDで録画。
で、「野ブタ。」の方は、最近あまり使わなくなったビデオテープを引っ張り出してきて、
寝室の小さいテレビデオで録るという二重録画生活を送っている。
「野ブタ。」の放送時間が不定期なので、うまくずれてくれないかと思うんだけど、
2話連続放送の日が多いこともあって、なかなかうまくいかなかったり。

とはいえ、「野ブタ。」は明後日が最終回。
ひとまずダブリ問題はピリオドなんで、まあ良かった。
個人的には堀北真希の演技がすごいなあなどと感心していたりするのだが、
そんな彼女、「篤姫」に和宮役で出演するんですよ、てことでうまく繋がったな(笑)。
それはさておき明後日、録画予約するのを忘れないようにせんと。
[PR]
by hibinag | 2008-05-29 12:23 | 06.映画・ドラマ・アニメ