慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

跳べないヒトはただのヒトさ、ってか

春の陽気に誘われて、3人で海沿いの公園へ繰り出した。
まさに原っぱと呼ぶに相応しい広い空間があり、
普段は自主規制しているサンのバッティングも今日は解禁だ。

ビニールバットにゴムボールではあるのだが、サン本人はそれなりに堪能した様子。
私は専らバッティングピッチャー役だったのだが、一つ痛感したのは、跳べない!
手を伸ばしただけでは届きそうにない高さの打球が来た時、
当然、ジャンピングキャッチを試みるわけだが、これがどうにも具合が悪い。
やわらかボール独特のふんわりしたタイミングに体の反応が合わないのもあるが、
何より、その前提であるジャンプがほとんどできていないのが自分で分かる。
ガッデム。

よくよく考えてみれば、日常生活で「跳ぶ」という動作は、まずない。
最近、週末はできるだけ体を動かすことにしてはいるけれども、
ジャンプというメニューは、そこには組み込まれていない。
要は「跳ぶ」ことに体が慣れていないのだ。
てか、体が「跳ぶ」ことを忘れてしまっているかのようなのだ。

何か、思わぬところでトシを感じてしまって、若干プチブルーな春の1日。
ひねもすのたりのたりかな(意味不明)。
[PR]
by hibinag | 2008-03-15 23:50 | 01.日常雑記