慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

いろいろ書く気はあったんですが。

いやもう、ぶっちゃけ忙しくてですね。
週末はしっかり休んでますけども、それはそれで何かとあって。

エントリを書く時間は確保できるんですよ、たぶん。
でもね、気持ちがついていかない。
あと、タイミング。
これ、けっこう重要でしょ?
逃しちゃうと、なかなか書けない。

ネタは時々拾ってたんですよ。
たとえば、水曜日ぐらいだったかなあ、テレビでニュース見てたら、
青森で保護された脱北者らしき家族の話題をやってて、
覚せい剤所持の次男が「タコ漁師ではなく、イカ漁師でした」って


どっちゃでもええがな。 みたいな。


タコとイカ間違えて怒られんの、寿司屋ぐらいやろ、と。
お好み焼きやったら、気づかんのんちゃう? とか。


あるいは、金曜日の朝刊に、こんな記事が出てて。

■街頭年金相談 告知不足たたり閑散…手際悪い社保庁(6月8日、毎日新聞)

宙に浮いた年金記録が続出している問題を受けて、社会保険庁は7日、
東京と大阪で急きょ街頭年金相談を行ったが、東京での相談者は1時間半でわずか9人。
告知不足がたたり、社保庁の手際の悪さが強調される結果となった。

東京都千代田区大手町では午後4時から三つのブースを構え、
東京社会保険事務局職員がビラを配って相談を呼びかけた。
しかし、突然の指示で場所の確保に追われ、報道機関などへの事前告知はゼロ。
机、椅子だけの殺風景なブースで手持ちぶさたな職員を遠巻きに眺める人も。
千葉市の主婦(56)は「相談自体は便利なんだけど、この時間にオフィス街でやっても
人は来ないでしょう」と話していた。



社保庁のバカさ加減は今に始まったことじゃないとはいえ、
こういうの聞くと、こいつらには「相談会をやった」という事実だけが欲しいんやな、と。
実施に対する効果なんて、民間じゃ当たり前に考えることでしょ?
この手のニュースにいつも感じることだけど、何でこんな子供だましなことをやるのかなあ。
自分らの愚鈍さをあえて曝して、世間に新たなツッコミどころを与えてるだけにしか
思えんのやけど。
まあ、そんなことに気が回るんなら、こんなことにはならんのやろうけど、とか。


昨日はサンの参観日だったんで、学校に行ってきたんですけれども、
まあ、我々の頃とはいろいろ違ってるなあとか思いつつ、
子供たちの筆箱の絵柄って、異様にポケモン率が高いのな、とか。


で、昨日はテレビ観ながら寝てしまった阪神戦ですが(泣)、
今日は雨で試合開始が遅れて、さらに中断もあって、
例によって阪神打線は湿りっぱなしだし、中継は当然のように途中で終わったけど、
まあ、今日はしょうがないなあ、とか思って、子供と遊んでたんですが、
そう言えば、試合結果報告メールが来ないなあ、と気づいたのがサザエさんの頃。
う~ん、この時間まで来ないってことは延長? とか思ってたら、
結局、7時過ぎぐらいに来て…おおっ! サヨナラ勝ち! みたいな。

そんなわけで、もうすぐNHKでスポーツニュースが始まるよっ、という話でした。
[PR]
by hibinag | 2007-06-10 21:40 | 01.日常雑記