慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シズマレ。

朝の通勤電車。
私は片手で吊り革を持ち、新聞を読んでたんですが。

斜め前の席に座ってた推定50代の男性。
恰幅的に程なくメタボな感じで、頭髪やや疎らで顔は油ギッシュ。
部長さんとか言われても、まあそうかなって雰囲気で。

で、最初は、読書か何かしてはったんですが、
一段落したのか、その本を膝の上のカバンにしまったかと思ったら、
何やら資料の入ったクリアファイルを出して、パラパラ、ゴソゴソ。
すぐにしまって、また別の資料を出してガサゴソ。
またしまって、車内をキョロキョロ。
続いて胸ポケットから手帳を出して、しばしにらめっこして、
またさっきのクリアファイルを出して、しまって、車内を見回して、また資料出して…。



落ち着けオッサン。



何かもう、相当にせわしないわけですよ朝っぱらから。
そのうち、カバンの中からケータイは落とすわ、
挙句の果てには、さっきから何度となく見ていた資料の一部をビリビリ破り出す始末。

いいのかよ、公衆の面前でそんな豪快なことして。
つーか、その破いた資料、どこに捨てるつもりやねん?
情報保護とかCSRとかって知ってる?
などと、つい余計な心配までしてしまったり。

何だったんだろうねえ、あれは。
朝イチの会議か打ち合わせか何かで余程心配なことでもあったのかな?
じっと目を閉じて考え事でもしてる感じなら、それなりに貫禄ありげなだけに、
あの情緒不安定な感じは、もはや哀れにすら映ってしまうわけで。

いや、実際はどうだか分かんないけど、人間、やっぱり見た目は重要ですよ。
髪型、服装だけじゃなく、醸し出す雰囲気っつーのも。
[PR]
by hibinag | 2007-05-14 11:14 | 01.日常雑記