慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

愛こそはすべて、ってわけでもないかな、この場合

来日から40年も経ったというのに、またビートルズの「新譜」が出ましたよ。

タイトルは「LOVE」。
とりあえず「出る」という情報だけでネットで即買いしたけど、
どういう趣旨で出るもんだか、イマイチ分かってなかった。
なもんで、あんまり期待してなかったんだけど、そのせいか、結構イケてました。

何でも、アレグリアとかサルがどないしたとかで知られる
シルク・ドゥ・ソレイユの舞台で使われた音楽を集めたものらしい。
亡くなったジョージとシルク・ドゥ・ソレイユの創始者の何とかいう人が知り合いで、
「何かやろうぜ」みたいな話をしてたというから、随分長いスパンなわけだな。

それはさておきCDの中身だけど、要はB4のサウンド・コラージュ集。
ある曲のボーカルに違う演奏とか、また別のSEとかを重ねたりして、
ビートルズを聴き込んだ人間なら、「おお、それ持ってくるかぁ!」みたいな
かなりマニアックな面白さは、ある。私には、あった。

けど、あんまりビートルズを知らない人がいきなり手を出すのはどうだろ?
タイトルのラインアップだけ見ると、有名どころが結構入ってるんで、
ベスト盤のノリで買ったら…、ちょっと失敗するかも。

まあ、当たり前の話だけど、すでに存在しないバンドの「新譜」なんで、
そんなマトモなモノが出てくるわけはないってのが道理。
未発表音源とか別テイクとかリミックスとか、ニッチ狙いにならざるを得ないわけで、
また一方では、「後世の人間が勝手にこんなことしていいのか!」みたいな、
「びーとるずハ神聖ニシテ犯スヘカラス」みたいな人も少なからずいたりするんで、
そんでジョージ・マーティンさんもストリングス入れていいか悩んだらしいけど、
要するに賛否両論は毎度のことなんで、今回もきっとそうなんだろうなあ、と。

私? 私はこーゆーの、全然おっけー。
少なくとも「THE BEATLES 1」よりは楽しめたよ。
またじっくり聴こうっと。

けど、ホンネを言えば、アップルはこんなことやる前に、
もっと他にやるべきことがあるんだけどなあ。
3年ぐらい前に言ってた映画「LET IT BE」のDVD、いつ出すん?
ずーっと待ってるんですけど。
[PR]
by hibinag | 2006-11-20 23:27 | 05-1.Beatles