慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

戦争と子供たち

仕方ないこととはいえ、テレビでは戦争報道が一気に増えた。
中でも熱心なNHKは、総合テレビのかなりの時間を割いている。
そのため、夕方の大相撲中継が教育テレビにシフトされた。

その割りを食ったのは、実は子供たちだ。
「おかあさんといっしょ」など、一連の子供向け番組が中止されたのだ。

日本の子供たちも戦争の犠牲になっている、というのは、ちと言い過ぎか。

毎週金曜日、朝日新聞朝刊の「くらし」欄には、
「あのね―子どものつぶやき」というコーナーがある。
ありふれた日常から切り取られた子供ならではの視点や、そこから生まれる表現が、
微笑ましくもある一方で、時に鋭くもあることを認識させてくれる。

今日、掲載されていた京都の3歳の男の子についての投稿記事。
戦車のおもちゃで遊んでいて出た一言だそうだ。

「戦車から、シャボン玉が出たらいいのに」

世界の石鹸・洗剤メーカー様。イラクにシャボン液を、ぜひ。
[PR]
by hibinag | 2003-03-21 23:37 | 02.一般ニュース