慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

It was 40 years ago today...

e0061584_210379.jpg

今日封切りの映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を観てきた。
上の写真はパンフレット。公式ホームページはこちら。

ウルトラシリーズ40周年記念映画。
かつてのヒーローたちが、隊員役の役者さんともども出演。
しかも舞台が地元・神戸。
こりゃあ観るしかないでしょうってことで。
e0061584_2122552.jpg
(↑ロケ地マップ。映画館だけでもらえる、という触れ込みらしい)


ネタバレになるから、ストーリーには触れませんが、良かったです。

「大切なのは最後まで諦めないこと」
「信じる力が勇気に変わる」
「一人では不可能でも、みんなで力を合わせれば、奇跡は起こる」

てなところがキーワードで、まあ、照れくさいセリフではありますが、
ここに子供を絡ませてこられたんで、まんまと円谷プロの思うツボ。
最近は涙腺が弱くていかんな。
先日の高校野球に続き、今まで泣くはずもなかったジャンルでさ(涙)。

で、さっきも書いたけど、ロケ地が神戸なんで、知ってる場所が満載。
知ってるっつーより、行ったことある所がほとんどやし。
エースに変身する北斗が経営するレストランというのは、
舞子ビラというホテルにあるんだけど、以前、実際に食事したことあるし、
メリケンにハーバーランドにポーアイ、須磨水族園、六甲山牧場、ハーブ園…。
コンチェルトまで出てきた日にゃあ、さすがに「やり過ぎ」と思ったけど。
だって、船に乗る必然性が全然ないんやもん。

それはともかく、懐かしい映像も所々に使われていたりして、
我が家もそうだけど、親子で一緒にヒーローものを楽しめるってのが、
やっぱり40年の重みというか、すごさだよなあ、と改めて感心したり。

小さなお友達も大きなお友達も、これは映画館で観た方がいいと思うな。



【本筋とはあんまり関係ない私のツボ】
☆「ニセメビウス」ってのが出てきて、市民が逃げ惑うシーン。
 漫才コンビ「アメリカザリガニ」のやり取りが、単純におもろかった。

 「やっぱりお前狙いやんけ!」
 「うそぉっ!?」
 「逃げてんと、早よ戦って来いや!」
 「無理無理無理無理!」

☆街を破壊する「ニセメビウス」。
 本物が暴れていると錯覚する「CREW GUYS」の隊員たち。
 
 「なぜメビウスが!?」

 すかさず冷静に解説してみせるサコミズ隊長。

 「あれはニセモノだ」
 「えっ?」
 「よく見てみろ。目つきが悪い

☆帰りにトイザらスでメビウスと怪獣のソフビを買ったんですが、
 ちゃんと「ニセメビウス」もおった。
 うん、やっぱ目つきが(笑)。

☆最後に敵キャラが巨大化するんですが、下半身デカすぎ。
 元々の胴から上が下半身比で小さすぎて、
 私ゃ思わず「小林幸子@紅白」かと(笑)。
 あれはどう見ても「装置」です。
 実際、脚が動いてなかったし。
 あれじゃあオシムジャパンには入れないね←ヲイ
[PR]
by hibinag | 2006-09-16 23:04 | 06.映画・ドラマ・アニメ