慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

理屈を超えたもの

大河ドラマのオープニングで「舘ひろし」(織田信長)の名を見つけると
「あっ、“ひろしです”や!」と毎週もれなく大喜びのサン。
彼が読める数少ない名前だからですが、
若干お笑いピン芸人と混同している風でもあるような。
これでも昔はあぶない刑事だったとです。ヒロシです。
違う、南出です。うっかり間違えるところだったよ。

それはさておき、久しぶりに「功名が辻」のレビューなど書きますかね。
今日は信長軍が小谷城に攻め入り、浅井家が滅ぼされた。
浅井長政の妻にして信長の妹である市は、
自分の子ではないが嫡男の万福丸の命を助けることを条件に
秀吉の説得に応じ、兄の元へと戻る。

しかし、信長は秀吉に万福丸を殺すよう命じ、秀吉はそれを一豊に命ずる。
「あんないたいけな子供を殺すことはできない」と抵抗する一豊。
だが、
「お前は功名、功名と言って敵の武将の首を取っているではないか。
それはできて、相手が子供だとできないというのは、おかしいではないか!」
と秀吉に詰め寄られ、従わざるを得なくなる。

後日、このことを千代に打ち明ける一豊。
「秀吉様に言われて反論できなかった」としょげるのだが、
これって全然、反論の余地があるよなあ、と感じた。

相手が武将の場合は、「やらなければやられる」という状況だ。
しかし、万福丸は武器も持たず、全く抵抗の意思すらない子供なのだ。
「戦う」ことと「手をかける」こととは、まるで違う。

確かに、理屈では同じかもしれない。
だが、情緒や感情の部分では、まるで別次元ではないか。
そして、人間は、理屈だけでは動かない。
動くべき生き物ではない。
秀吉があんな「屁理屈」を持ち出したことで、
このドラマの脚本に潜む「現代」を見た気がして、ちょっと萎えた。
[PR]
by hibinag | 2006-04-02 23:27 | 06.映画・ドラマ・アニメ