慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ガキの国から2003 未熟

ネット記事によると、
今月から横浜市営地下鉄が「全席優先座席」になったらしい。
う~む、わけがわからん。

記事を書いた記者氏の言うように、行政によるマナーの押し付けという面もあるが、
それ以上に、こんな無意味なルールはないと思う。

優先座席の定義をきちんと調べたわけじゃないが、
要はお年寄りや身体の不自由な方を優先的に座らせてあげましょう、
ということだろう。
ということは、そうでない場合は当然、誰が座ってもいいわけだ。

で、すでにほとんどの鉄道会社が導入しているであろう優先座席については、
横浜の地下鉄は効果がないと判断したから、こういうことになったのだと思うが、
数を増やしたって結果は同じなのは明らかだ。
むしろ、「たくさんあるから別にいいじゃん」
などと言い出すヤツが増えるに決まっている。
事実、記者氏は「大きな改善は見られない」と書いている。当たり前だ。

記者氏も言うように(言葉は違うが)、
結局、我々の社会は行政に子供扱いされているのだ。
しかも、そうされてもまだダメときている。救いようがない。

私が以前から違和感を感じていた女性専用車両も同じようなことだ。
記事にあるように、我々の社会は、
そんな車両を必要とするようになってしまったのだ。
と同時に、それがどうも運営側(自治体や鉄道会社)の言い訳の道具
に使われているような気がしてならない。
「ちゃんと専用車両を設けてるんだから、一般車両で痴漢されても文句言うな」
という態度が透けて見えるのだ。
でもって、「当社は積極的に痴漢対策を実施し、サービス向上に努めています」
などと声高にアピールしているような。
要するに、本気で考えているとは思えない。

優先座席に話を戻すと、阪急は、たしか数年前に優先座席を廃止したはずだ。
横浜とは全く逆の対応だが、これこそが本来あるべき姿だろう。
少なくともそう思えないとアウトじゃないかなあ。

まあ、よそにお伺いを立てなきゃ自分のことを決められない国じゃあ、
無理もないのかも。
あ~あ。
[PR]
by hibinag | 2003-12-19 20:28 | 03.主張