慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

風の子にも程がある

サン、4度目のサッカー大会。
昨日は町中でも雪がちらつくほどの寒さだったから、
いつもの山の上の試合会場にはもっと降雪があったはず。
よって、ピッチ状態は最悪。
競馬でいえば、まさに重馬場。
かなりぬかるんでました。

そんな場所で子供たちが走り回るわけだから、試合開始後は状況がさらに悪化。
ただでさえ、機嫌が悪かったり親と離れたがらなかったりで、
いつも必ず泣く子が何人も出るのだが、
グラウンドのあちこちから水が浮き始め、表面はデコボコになり、
ヒドイ所はサッカーより田植えのほうがええんちゃうかと言いたくなるほどで、
足を取られて転倒&号泣する子供が続出した。

サンも第1試合開始直後に派手に転んで大泣き。
靴やソックスは言うに及ばず、ウエアまで泥んこ。
結局、その試合は途中退場のまま終了。
続く2試合(今回から4チームのリーグ戦方式に変更)は、
ひたすら先生と手をつないで走り回るだけでした。

なんせボールより先生の行方を追う始末で、転んだのが相当こたえた様子。
しかし、そういう子は何人もいたし、今日は致し方なし。責められない。
最後には牡丹雪まで降り出し、ほとんどの子がベソをかくような状態で、
全日程終了後、「よう頑張ったな」と寒さ・痛さに耐えたことを誉めてやると、


「うん。せんせいと、おててつないで、コケんようにがんばった


とか言っていたが、親としてはツッコめませんでした(笑)。





あ、ちなみに3戦全勝で優勝したみたいです。
頑張った甲斐があった(笑)。
[PR]
by hibinag | 2004-03-07 21:56 | 01.日常雑記