慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

不在の妙


↑これ、何だか分かりますか?


ガラスの花瓶ではありません。
ましてやガラスの仮面では、絶対ない<言われんでも分かる



正解はコレ↓です。


え~っと、つまり、いわゆる電器の傘です。
これは正式には何ていうんでしょ?
ちょっと調べてみたんですが、分かりませんでした。
つーか、これが正式名称なのか?
う~む、ショーメイのメイショーが分からん。

などという、くだらないダジャレは放置しまして<書くなよ

昨日の午後、妻とサンは所用で出掛けました。
玄関のドアを閉め、鍵をかけてほんの数秒。
背後で、ドア越しに、「ガチャーーーンッ!!」という物凄い音がしたそうです。
急いでいたので、そのまま行こうかと思ったらしいのですが、
妻は何かを感じたらしく、戻って解錠し、ドアを開けたところ。

玄関中に飛び散るガラスの破片

が目に飛び込んできたそうです。

…、あ、いや、本当に飛び込んできたら失明ものですが、
そうではなくて、そういう光景を見た、と。
ああもう、ややこしいな。

そうです。
つまり、いわゆる一つの電器の傘が落下して粉々に砕けたらしいのです。
上の写真は玄関からリビングへ通じる廊下に付いているものですが、
同じタイプのものが玄関にもぶら下がっていたんです。
で、それが落ちたと。
以下、妻の感想。

「あと3秒遅かったら、と思うとゾッとする」

はい、右に同じ。
よくぞ外にいてくれたもんです。
玄関にいれば破片で大ケガはまず免れず、
ヘタすりゃ頭直撃で、もっと大変な事態になっていたかもしれません。

私が帰宅した時はすっかり片付けも終わっており、
私自身は凄惨な現場を見ずに済んだのですが、
後始末は相当骨が折れたそうです。そりゃそうだわな。

で、とりあえず、上の写真の廊下のやつは外しました。
まあ、何でこんなに重いものが、とは前から思いつつも、
借家なんで放ったらかしにしてたんですが、こりゃ大家さんとも協議しなきゃ。
[PR]
by hibinag | 2004-09-17 22:06 | 01.日常雑記