慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

目に青葉

山ホトトギス 初セルフ<違

そんなわけで、セルフスタンドで給油初体験、ってどんなわけだか。
しかも今頃(笑)。

まあ、原付でブーンと走っていたら、たまたま見かけて、
一昨日こぼれたのもあってガソリンが減ってたんで、ちょっと寄ってみるかと。

とりあえず機械のところへ行って、パネルにタッチすると、
現金かカードかを選ぶようになってて、「現金」を押すと、
次にレギュラー、ハイオク、軽油から選べっていうんで「レギュラー」と。
…まあ、ご存知の方も多いでしょうし、書かずもがななんですが(笑)。

で、次で壁にぶつかった。
ガソリンの量を選べっていうんだけど、「満タン」ってのは
クルマに対してであって、原付だと多すぎるんじゃないかと思って、
「量を選ぶ」ってのを押したら、最低が5リットル。
原付ですもの、そんなに入りません。せいぜい4リットルですわ。

で、一旦戻って「金額を選ぶ」にしたら、最低が1000円。
今日はリッター114円だから、1000円だと8.7リットル。
これも多すぎる。さあ困った。

てことで、仕方なくお店の人に聞きに行ったら、丁寧に教えてくれた。
何のことはない、「満タン」てのは要は無制限に給油できるってことで、
自分の目で確認しながら適当な所で止めればいいのだった。
つまりアナログってことね。

冷静に考えれば、クルマだって車種やガソリンの減り具合によって様々なわけで、
「満タン」を具体的な数値で定義するのは難しいわけだけど、
ほんの数リットルでいいのに何十リットルも出てきて、
溢れてるのに止まらないとかいう図を想像して、ちょいとビビりましたよ。

しかし問題はこれだけではなかった。
お金を払う時、機械はお札しか受け付けないので1000円札を入れたんだけど、
お釣りは別の場所にある清算機で受け取るのだという。
給油機から出てくるレシートのバーコードを清算機に読み取らせるという仕組み。
こんなん、初めてでいきなり分かるわけがない。
つーか何でこんなややこしいシステムにしたんだよ。

まあ、そんなわけで、最後まで店員さんに付いてもらって完了。
どこがセルフなんだか(笑)。
[PR]
by hibinag | 2005-03-21 20:01 | 01.日常雑記