慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

特別な日

昨日、仕事帰りに駅近くのグラウンドの横を通った。
それはいつもの通勤路であり、少し早めの時間帯なら、
照明の下でラグビーやサッカーの練習が行われている。
休日の昼間には少年野球の試合があり、子供たちと、
それを応援する大人たちの歓声が飛び交う。

そのグラウンドに、昨夜は白いテントが立てられていた。
「ああ、そうか。今年も来たんだな」
私はそれを見て思い出す。

特別な日、というものがある。
誕生日や結婚記念日といった個人的なもの。
終戦記念日のような、社会的要素を帯びるもの。
思いや感慨は人それぞれあれど、そのような日は、きっと必ずある。

グラウンドのテントは翌日、
つまり今日行われる記念行事のためのものだ。
1月17日。
阪神・淡路大震災から11年。
少なくともこの地の人々にとって、計り知れないほど特別な1日。

経年風化が叫ばれる中、確かにその地に暮らす1人として、
私の日常からも震災の影はどんどん遠ざかっている。
正直、あのテントを見るまで、私の頭の中に震災はなかった。
(それは、私が直接の被災者ではないからかもしれないが)

しかし。いや、だからこそ。
あのテントは大切なのだと、心の底から思う。

私が現住所に住む直前、今から8年ほど前の夏だが、
あのグラウンドにはまだ仮設住宅があった。
人々の暮らしを、生命を切り裂いた歴史的な1日。
テントが立つグラウンドの風景を目にすることで、
その日付をしっかり刻み続けることの意味は、決して小さくない。
いつまでも、あのグラウンドに人々の歓声が響き合うことを祈りつつ。
[PR]
by hibinag | 2006-01-17 12:37 | 03.主張