慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いまだにビートルズがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!

思いのほか仕事が早く片付いたので、昨夜はなんとか当日中に帰宅できた。しかし、予想を遥かに下回ったとはいえ、遅いことに変わりはない。睡眠不足は解消されず。今朝の電車でも眠かった。立っているときは新聞を読んでいたので、何とか持ちこたえていたが、席が空いて座った途端、睡魔がバタフライでアプローチ<それはスイマー

ウトウトしていると、不意に女の子の声が耳に入った。

「昨日、テレビでポール・マッカートニーやってたなあ」

何ですと?
今、何かおっしゃいました?

顔を上げると、斜め向かいの座席周辺に女子高生と思しき集団。「○○(友達の名前)、見てるかなあと思とってん」とか、「私はジョージが云々」とか言っている。

ほぉ、あの中にビートルフリークがいるのだな?
イマドキの女子高生とビートルズ。
彼女らの世代だと、英語や音楽のみならず、現代社会みたいな授業でも「ビートルズ」が登場するはずだ。「ビートルズというと、学校のイメージがある」なんていう人もいると聞く。でも、彼女らは、あくまで通学途上の気楽なおしゃべりの題材としてビートルズを扱っている。私は妙に嬉しくなった。

でもまあ、考えてみれば、そんなに驚くことではないかもしれない。私自身も、彼女らぐらいの齢の頃、一番熱心に聴いていたのはビートルズだった。そして、数は多くないにしろ、そういう友達が何人かはいた。当時はファンクラブ(今でもある)主催の「復活祭」なんていうのがあって、要するにフィルムコンサートみたいなものだが、中央公会堂やサンケイホールによく出かけた。ビートルズがきっかけでギターやほかの楽器にも興味を持った。ビートルズを中心に、新旧入り乱れて洋楽への興味が広がった。

彼女ら(全員ではないだろうが)は今、その只中にいるのだろう。もし、今から自分なりの新しいビートルワールドを開拓していくのだとしたら、ちょっと羨ましい気もする。

そして、絶えず新しい年齢層のファンを獲得していくビートルズ。おそるべし。今年はデビュー40周年(!)ポールおじさんは還暦だ(笑)。何かイベントとかやるのかな? いや、ポールの還暦じゃなくて40周年の(笑)。

それにしても、昨日ポールが出てたテレビって何やろ? そーいや一昨日はジョージの誕生日やったけど…。気になるなあ。
[PR]
by hibinag | 2002-02-27 15:45 | 05-1.Beatles