慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

見届けまショウ、そうしまショウ

昨日、帰宅すると、私の机の上に1通の封書が置かれていた。送り主は「ザ・ビートルズ・クラブ」。1966年、ビートルズの来日を機に結成されたファンクラブで、HPの記述によれば、日本で唯一の公認クラブ。誰が公認しているのかはよく知らないが、おそらく本国・英国のファンクラブか、「ビートルズ・コミティ」とかいう機関だろう(正式名失念)。

数年前に改称されるまでは、「ビートルズ・シネ・クラブ」と名乗っており、その名のとおり、ビートルズのプロモやライブ、映画などのフィルムをみんなで集まって見るというのが、おもな活動内容だったと何かで読んだことがある。略号が「BCC」なのは、そのためだ。HPにあるように、ビートルズおよびメンバーのみならず、関係者各位に関するさまざまな活動を行っており、最近は、少なくとも日本においてのビートルズがらみのことどもについては、かなりの影響力を持っているように見える。

さて、BCCから来た封書の内容は、ポール・マッカートニー日本公演のコンサート・チケットの優先予約のお知らせだった。

とはいえ、私はBCCの会員ではない。何で来たんやろ?

確かに、かつて会員だったことはある。最初は高校生の時。1年生の時のクラスメートだった女子生徒からBCCの存在を教えられ入会。当時は、ジョンが亡くなった直後で、他のメンバーも際立った活動をしていなかったので、BCCの活動は、「復活祭」と称した、まさに本来のフィルム上映会が専らだった。基本的に、春・夏・冬の年3回、全国数カ所で開催され、中学時代の友人Kらと、サンケイホールなどに繰り出したものだ。

しかし、高3の秋、私は2度目の年会費の更新をしなかった。おそらく大学受験を考えてのことだったと思う。ま、浪人してしまったから、あまり意味はなかったわけだが(笑)、とにかく、最初のBCCとの関わりは2年で終わった。

それから約10年後。最初の勤め先を辞め、比較的時間に余裕があった。改めて、ビートルズをしっかり聴き直してみた。そのうち、彼らの「周辺」が気になり出した。手当たり次第に本を読んだ。でも、もっと新しい情報がほしいと思った。そこでふと、BCCのことを思い出し、2度目の入会。

BCCは毎月、80ページほどの会報を送ってくる。最初に入った時はモノクロだった。途中からカラー写真がふんだんに使われるようになった。だが、当時はまだ中綴じタイプだった。それが、2度目に入った時には、無線綴じに変わっていた。

それでいて年会費は5000円ほど。とてもモトが取れているとは思えないが、私のような、情報に飢えている人間にはありがたい。ちょうど、「アンソロジー・プロジェクト」が進行中だった時期もあり、新しい情報をいち早く知ることができた。そうして得た知識の断片をつなぎ合わせて、BCC主催のコンテストに駄文を送ってみたりもした。

が、今の仕事に就いてから、会報を読む時間が次第になくなり、おそらく3年ほど前に、継続の手続きを取らず、現在に至っているはずである。(ただし、BCCのHPの会員には一応なっている。が、ほとんど利用していない)

余計な説明を続けてしまった。話題をポールのコンサートに戻さねば。

日程を見ると、大阪は11月17日、18日。日曜日があるやん!

うむぅ、これは「来い」ってことか?
呼んでますかポールが? 呼ばれてますか私?
ジャジャジャジャ~ン! と飛び出ましょうか?<魔王かよ

最新アルバム聴いてないけど(笑)。



そして、ふと思い出した。
かつて、よく一緒に復活祭に繰り出していた中学時代の友人Kのことだ。彼は昨年から今年にかけて、相次いで両親を亡くした。しかも一人っ子で、まだ独身。明るく、社交的な性格だが、それでもこの事態には参っただろう。メールで知らせを受けた時、返す言葉が見つからなかった。

Kを誘ってみよう。咄嗟にそう思った。彼は、私をビートル・ワールドに引き込んだ張本人でもある。気になりつつも、なかなか会う時間もない我々だが、ひょっとしたら、ポールが我々を再び引き合わしてくれるかもしれない。

そう思って、メールを打った。同じく中学時代の友人Cにも同報した。Cも、一緒にビートルズを聴いていた仲間の一人だ。当時、同じマンションに住んでいたこともあって、よく登下校の道をともにしたものだ。

それから、従兄にもメールで連絡を入れた。彼もまた、私とビートルズの結びつきを強くさせた一人だ。お互い家庭を持ち、子供が生まれてからは会うチャンスを逃していることもあり、これもまた、いい機会になるかもしれない。

というわけで、久しぶりに一人で盛り上がってしまった夏の一夜。そんな気分をもたらしてくれるポールおじさんって、やっぱスゴイかも。

【追記】
今日、早速Kから返事が来ていた。彼のもとにも、同じものがBCCから届いたらしい。「高校時代、入会してたから、その名簿で送ってきたんでしょう」などと書かれていた。そんなに溯ってるのかBCC。

それって、

客席が埋まるかどうか不安ってことですか?

でも、その割には、S席14000円なんですけど。


強気すぎないか、ポール?


それとも、最近の相場ってそんなもんなのかしらん? もう4年ぐらいコンサートというものに行っていない私。ちなみに最後に行ったのはエアロスミスで、お値段1万円ナリ。12年前のポールは、たしか7000円でした。
[PR]
by hibinag | 2002-08-06 15:34 | 05-1.Beatles