慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンゴはなんにも言わないけれど

突然ですが、通勤のお供にビートルズ。
いや、最近、行き帰りの電車でMDを聴いているわけなんですが。

MDコンポを買った時、まず最初にやったのが、
ビートルズのアナログ・アルバムのMDへのダビング。
昔の音源でもあることだし、アナログ盤は好きなんだけど、
日常的に扱うには、やっぱデジタル・メディアのほうが便利だし、
アナログ・メディアの劣化前に保存ってのも兼ねたわけですが、
改めて聴いてみると、
アナログ盤特有のヒスノイズやスクラッチも入ってて、いい味出してたり。

で、今朝は中期の名盤「ラバー・ソウル」「リボルバー」をチョイス。
1曲の時間が短いんで、1枚のMDにアルバム2枚分入るわけですな。

このへんは特に好きな時代で、
「リボルバー」は私の中ではベスト・アルバムだったりする。
世間的に最高傑作といわれる「唐辛子軍曹のさびしんぼ楽団」
直前のウネウネ感がたまりません、って意味が通らないと思いますが、
奥田民生なんかがモロ影響されてそうなドライブ感が、
ってこれも分かりにくいか?(笑)

まあ、ともかく聴いてて気持ちいいわけなんですが、問題はリンゴちゃんなのです。
いや、シーナじゃなくてスター<それはいいから

ビートルズはデビュー以来、
アルバムやコンサートでは全員がリードボーカルをとるのが原則ですが、
本人も認めている通り、リンゴは歌がうまくない。
いや、なかなか味のあるボーカルなんですが、お世辞にも上手とは言えない。
「作曲者がリードボーカル」というグループの不文律の中にあって、
ほとんど作曲しないリンゴは、他人のカバーでお茶を濁すことも多かったわけで。

ジョージの成長もあり、
「ラバー・ソウル」以降はメンバーのオリジナル曲のみでアルバムが構成される中、
リンゴが歌う曲は、主にジョン&ポールが提供。
で、「ラバー・ソウル」では「消えた恋」ってのがそれなんですが、
改めて聴くと、えっらい適当なレコーディングなわけで。

曲自体もビートルズでは凡作の部類だけど、特にギターがヒドイ。
ジョージが弾いてると思われるイントロや間奏はいいとして、
リンゴのボーカルのバックで鳴ってるギターがほとんど雑音。
多分、ジョンの仕業だ(笑)。
まあ、殺人的なスケジュールの中でのレコーディングだけに致し方なしとも思うけど、
それにしたって「試し弾き?」と思いたくなるような音出してたのねジョンったら。
って今頃気づいてますが(笑)。

さらに。
ステレオ録音の黎明期だった当時、プロデューサーのジョージ・マーティンは、
このアルバムではリードボーカルを右チャンネル、リズム隊を左に振ってますが、
この曲だけ、リンゴのボーカルは左。
てことは、マーティン先生、リンゴの声をできるだけ隠したかったと?

ああ、なんて可哀想なリンゴ<決めつけ
「リボルバー」収録の「イエロー・サブマリン」なんて、
彼じゃなきゃ、あのほのぼの感は絶対出なかったはずなんですが、
でもアルバムとしては
代わりに「レイン」あたりが入ってるほうがしっくりくるなと思う私も私(笑)。



〈補足〉
上記「消えた恋」は、作者としてジョン、ポールと並んでリンゴもクレジットされている。
これは記念すべきリンゴの初クレジット作品なのだが、
実際は、詞のほうで単語を5つ提供しただけらしい。う~む。
[PR]
by hibinag | 2004-02-27 19:58 | 05-1.Beatles