慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

グッジョブ婆ちゃんとバッドジョブ女

■「若いんだから働きなさい」 85歳女性が女強盗諭す(西日本新聞)

 十七日午後四時ごろ、北九州市門司区東門司二丁目の文具店に若い女が押し入り、店番をしていた光田まきさん(85)に包丁を突きつけ「十万円出せ」と脅した。光田さんは「金はない」と“応戦”。「五万円」「三万円」と要求を続ける女を「若いんだから働いて稼ぎなさい」と諭した。それでも金を要求したため奥にいたホームヘルパーの名前を叫ぶと、女は何も取らずに逃げた。
 福岡県警門司署によると、女は二十代で身長約一六〇センチ。黒っぽいジャンパーに色つきメガネ。光田さんは「年を取っても社会のために働いている。若い人が強盗で金を稼ぐなんてとんでもない」と嘆いていた。



割に気弱だな、この強盗女。
何か事情がありそうだが、慣れないことはするもんじゃないよ。
って、そういう話じゃなくて。

しかし、10万、5万、3万…と要求額を下げてるところなんざ、
出来損ないの孫娘が婆ちゃんにお小遣いねだってる雰囲気がなくもない。

「ねえ、お婆ちゃ~ん、お小遣いちょうだい。10万ぐらい」

「何言ってるんだい、この娘は。そんな金、あるもんかね」

「じゃあ5万でいいから」

「ないよ」

「じゃ、せめて3万。ね? お願い!」

「あのねえ、お前、若いんだから自分で働きな。働かざる者食うべからずだよ」

てな感じで、どうにもほのぼのするんだが、
たった一つ違っていたのは、婆ちゃんは魔女だったのです<じゃなくて
包丁突き付けられてたんだよなあ。
ほのぼのしてる場合じゃないって。

ま、何にせよ、天晴れまき婆ちゃん。
[PR]
by hibinag | 2005-11-18 16:16 | 02.一般ニュース