慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Mind the Gap!

共同通信によると、ロンドンの地下鉄の初乗り運賃が、
来年から3ポンド、約610円と5割も値上がりするらしい。
もともと「世界一高い」という定評があるようだが、
値上げ率といい運賃そのものといい、公共交通機関として
とても正常とは思えない。

だってねえ、隣の駅まで往復したら1220円ですよ?
あり得ないよね?
つーか、それならタクシー乗った方が安いんちゃうん?
15年ぐらい前、ロンドンでタクシー乗ったことあるけど、
そんなびっくりするような値段じゃなかったと思う。

当然、利用者は大反発。
ストライキや車両故障などによる遅れが慢性化する中で、
値上げだけは毎年のように繰り返されているそうで、
そりゃあ怒るのも当たり前だ。

その15年ぐらい前の話だけど、
英国の交通機関では、駅や車内での放送はほとんどなかった。
次の駅の名前もアナウンスしてくれない。
乗客に注意を促す放送がやたら多い日本に比べれば、
随分大人な社会だなあと感じたものだ。
つーか日本の社会が子供過ぎるんだけど。

そんな中、ロンドンの地下鉄の駅に電車が到着するたび、
頻繁に繰り返されるアナウンスが一つだけあった。

“Mind the gap!”

日本で言えば「ホームと車両の隙間にご注意ください」ってやつ。
日本みたいな女性の声じゃなく、ちょっとドスの利いたダミ声で
“Mind the gap!”“Mind the gap!”と注意してくれる。
いや、注意というより脅されてるみたいだった。

ホームの線路際にも“MIND THE GAP”と大書されているところを見ると、
ロンドンでは隙間に挟まる人がそんなに多いのかと勘ぐってしまうが、
ロンドン市民にしてみれば、「老朽化した車両や設備の更新などに資金が必要」
と主張するリビングストン市長に

「(市民との感覚の)ギャップに注意するのはお前だ!」

とツッコみたいのが本当のところなんじゃないかな。
[PR]
by hibinag | 2005-10-25 10:46 | 02.一般ニュース