慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤星、電撃引退

阪神・赤星が現役引退を発表した。

驚いた。
突然だったこともあるし、その理由にも驚いた。
中心性脊髄損傷で、このままプレーを続けると命にかかわるかもしれないとのこと。
そんなギリギリのところまで追い詰められていたことに、驚きを隠せない。
言葉が出ない。

2003年9月15日の昼頃、ふと思い立ってコンビニでライターを買った。
我が家に喫煙者はいないけど、例えばローソクに火をつけるのに必要だと思って買った。
本当に、ほんの思いつきだった。

レジ前に阪神の選手の写真がプリントされたのが何種類か並んでいた。
そこから何気なく選んだのが赤星のライターだった。
たしか200円だったと思う。

その日の夕方、赤星のサヨナラヒットで阪神は勝利。
星野監督に子供のように抱きかかえられた赤星の笑顔は忘れられない。
そして約2時間後、マジック対象のヤクルトが敗れ、阪神は18年ぶりのリーグ優勝を決めた。

あの日、なぜ赤星のライターを選んだのか、理由は分からない。
が、その選手が重要な一打を打ってくれたことで、私は大いに自己満足に浸ることができた。

それが今、永遠の思い出になろうとしている。
赤星憲広、170cm、66kg。
私より小さな体で大男たちとの真っ向勝負に全力で挑み続けたレッドスター。
その姿は、もう見られない。

今はもう、この言葉しか出てこない。
9年間、楽しませてくれてありがとう。そしてお疲れ様。
あの日買ったライターは、今も我が家の戸棚の引き出しに入っている。
今夜はそれを眺めて、彼の元気だった姿を記憶に焼き付けようと思う。

e0061584_283451.jpg

[PR]
by hibinag | 2009-12-09 18:47 | 04-1.野球