慌てなくていい。急がなくていい。前を向いて、少しずつ。地に足つけて、一歩ずつ。


by hibinag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

THIS IS IT

特にマイケルのファンというわけでもないのだが、前から気になっていた。
今日は火曜日でレディースデーということもあり、急に思い立って観に行った。

全体的には思っていたとおりの映画だった。
未公開映像満載というか、ほぼそれのみの構成だから、マイケルファンにはたまらないだろう。
リハーサルや打ち合わせのシーンなど、普通なら目にすることができない貴重な映像ばかりだった。

当然のごとくダンスシーンもふんだんに出てくるのだが、とても50歳のオジサンとは思えない。
しかも、その映像のわずか数日後にこの世からいなくなったことを考えると、
何とも言えない感慨が押し寄せてきた。

これだけの映像を残していたというのは、おそらくライブを映像化して、
そこにインサートするために撮影していたのではないかと思われる。
詳しいことは知らないので想像の域を出ないが、本来の形ではないにせよ、
こうした映像が陽の目を見たのは、ファンと関係者にとっては幸せなことだろう。

ただ、急に席を予約したので前から2番目しか取れず、そういう意味で疲れた。
まあ、その分、音の迫力はあったのでよかったけど。

ともかく、限定2週間公開の映画を観たことは、私にとってはかなり稀有な体験だった。
映画館の下にあるCDショップで、ついついベスト盤まで買ってしまった(笑)。
今、我が家のコンポは「Beat It」を奏でている。



以下、その他の感想など。

バンドのメンバーである女性ギタリスト(オリアンティ・パナガリス/Orianthi Panagaris)が
めっちゃカッコよかった。
「Beat It」では彼女の手元ばかり見ていた。
できればもっと長く、もっとアップで映してほしかった。
中盤以降は、彼女が映るたび、そっちに目が行ってしまった。

「Smooth Criminal」の時は床ばかり見てしまった(笑)。
でも、あの傾斜するダンスのシーンはなかった。

「Beat It」のマイケルのダンスはちょっと緩めだった。
力を抜いて踊っている感じ。

「Billie Jean」では、お約束のムーンウォークがなかった。
当然、出てくると思っていたのだが、リハだったのでやらなかったのかもしれない。
ちょっと残念だけど。
[PR]
by hibinag | 2009-11-03 20:29 | 06.映画・ドラマ・アニメ